チョコマニア

チョコレートのパッケージに注目!チョコレートの表示に隠された本当の意味とは?


応援クリックありがとうございます! 

 

もぐもぐ。ソラジロウです。

 

私達は普段から色々なチョコレートを見てきておりますが、各メーカーともとても美味しそうなパッケージのデザインでチョコレートを考え出してきますよね。

購入する側からすると悩ましいデザインばかりなのですが、チョコレートの表示に隠された本当の意味って皆様は知っておりますか?

今回はチョコレートの表示に隠された本当の意味について掘り下げていこうと思っております。
 

 

チョコレートのパッケージを見ればすべてが分かる?

私達が何気なく食べているチョコレートのパッケージですが、いちごをたっぷり使ったチョコレートのデザインだったりとかオレンジを使ったチョコレートなど色々なチョコレートがありますね。

でもこの果物やナッツの描かれているチョコレートにはしっかりとしたルールが決まっているのです。

チョコレートの規格基準を定めた「チョコレート類の表示に関する公正競争規約」によれば、チョコレートにナッツ類、果物類、野菜類、はちみつ、メープルシロップ、黒砂糖、コーヒー、その他の原料を使用していることを商品名、絵写真、説明文で表示する場合、ナッツ、果物類は製品重量の5%以上、はちみつ、メープルシロップ、黒砂糖は全重量の2%以上、コーヒーはコーヒー生豆に換算して全重量の1.5%以上含有することが義務付けられております。
なので勝手にフルーツなどの写真をチョコレートのパッケージに入れることは禁止されており、含有量も正確に含まれていないと規約違反になるということになるのです。

私達はチョコレートのパッケージを見れば含有量も正確に分かるということですね。

過剰表示もチョコレートでは禁止

「豊富」「たっぷり」といった表示にもしっかりとしたルールがあります。

規定している基準量の2倍以上の量(ナッツ、果物に関しては全重量の10%以上)を使用していなければ「豊富」「たっぷり」とは表示してはならないと記載されております。

チョコレートを購入する際にもし「豊富」「たっぷり」と記載されているチョコレートを見つけた場合は、しっかりとしたルールの上で記載していることなので信じて購入出来るということになりますね。

表示が義務付けられている8項目

明治 明治ザ・チョコレート

明治 明治ザ・チョコレート鮮烈な香りフランボワーズ 裏面

チョコレート類は消費者が商品選択時の目安となる事項を容器や包装に一括表示し欄内に日本語かつ文字も8ポイント以上の大きさで明瞭に表示することを義務付けております。

  1. 種類別名称
  2. 原材料名
  3. 内容量
  4. 賞味期限
  5. 保存方法
  6. 原産国名
  7. 食品関連事業者
  8. その他(アレルギー物質を含む食品を使っているかなど)

Bean to Barに拘っているチョコレートなどはカカオ豆の原産国の表示がされておりますが、私達はこの項目からどんなチョコレートなのか想像して購入しているということになります。

なのでもし間違った表示や嘘の表示があった場合はメーカーの信頼性や他の商品、ましてやメーカーのブランド力にまで影響してしまいますので、この表示にはかなりの細かい注意書きなどが記載されているのです。

チョコマニアなら原材料に拘っていただきたいですが、中々しっかり確認することがないチョコレートの裏面、時間がある時にご覧になってみてください。

禁止されている不当な表示

ここまで厳しいチョコレートの表示ですが、禁止されている不当な表示もありますのでしっかり確認していきましょう。

  1. チョコレートが他の食品に比べて著しく優良であると誤認されるような表示
  2. チョコレートやチョコレート菓子などの定義・規格に合致しないものを、それらのものであると誤認されるような表示
  3. 生チョコレートの基準に適合しないものを生チョコレートと誤認されるような表示
  4. 果物を使用していないのに果物そのものを使用していると誤認されるような表示
  5. チョコレート又はココアパウダーの純粋を意味する文言の表示基準に合致しないものについて、純良、Pure、純粋、純等の文言を使用することにより、品質が特に優良であると誤認されるような表示
  6. ミルクチョコレート・準ミルクチョコレート・ドリンクチョコレートの表示、ナッツ・果物などを使用している旨の表示、特定の原産地(国)のもの・原材料が特色あるものの表示、チョコレートの製法の表示などの特定表示事項の基準に合致しない表示
  7. 最高級・極上、天然・自然・新鮮、特濃・濃厚などの文言を客観的な根拠に基づかないで使用することにより、品質が特に優良であると誤認されるような表示
  8. チョコレートに使用した原材料などを実際よりも著しく優良又は多く(又は少なく)含まれていると誤認されるような表示
  9. 賞でないものを賞であるように、また、他のもので受けた賞をそのチョコレートで受けたと誤認されるような表示
  10. 官公庁や著名人などが購入又は推奨していると誤認されるような表示
  11. チョコレートの価格、取引条件、景品などが実際のもの又は他の事業者のものよりも、著しく有利であると誤認されるような表示
  12. 内容物の保護、品質保全の限度を超えた著しく過大な容器包装
  13. 原産国について誤認されるような表示
  14. 他の事業者又は他の事業者のチョコレートを中傷、誹謗するような表示
  15. 会社の伝統、生産設備、販売シェアーなどが実際よりも又は他の事業者よりも、著しく優位であると誤認されるような表示
  16. チョコレートの商品名、商標、意匠などについて、他の事業者のものと同一又は著しく類似した表示

※引用:日本チョコレート・ココア協会

かなり細かいですが、この規約があるからこそ世界中で日本のチョコレートは安全安心であると証明できるのですね。外国人のお土産でも購入される理由がよくわかると思います。

 

 

チョコレートの表示のまとめ

チョコレートの表示に隠された本当の意味、わかりましたか?どんな食品でもそうですが、嘘などで固められた食品なんて食べたくありませんよね。

チョコレートはこれだけ厳格で細かいルールのもとに製造されているので私達も購入する際、自分の厳しい目で確認してから購入するようにしましょうね。

ここまでお読み頂き誠にありがとうございました。

 


 


応援クリックありがとうございます!

関連記事

  1. チョコレート検定 ロースト法
  2. チョコマニア
  3. Bean to Bar
  4. ショコラスイーツ

最近の記事

  1. ノイハウスのボンボンショコラが美味しすぎる~!!Pink L…
  2. ベルギーの老舗チョコラショップ ノイハウスのボンボンショコラ…
  3. 日本では入手困難?ボンボンショコラ発祥の店 ノイハウス Da…
  4. ムーミンも食べてた?北欧のブランド「Fazer」のチョコレー…
  5. 気軽に簡単にフォンダン・ショコラを楽しみたい~!それならガス…
  6. 【試験問題付き】2018年チョコレート検定エキスパート(中上…
  1. 明治チョコレート

    チョコレートの歴史

    いよいよ日本のチョコレートが海外へ!大正時代は海外進出の時代でもあった!
  2. チョコマニア 博多の石畳

    チョコレートショップ

    バレンタインに大人のトリュフはいかが?福岡限定!博多の石畳トリュフを購入してみま…
  3. チョコマニア ゴディバ

    ゴディバ

    ゴディバのクリスマスコレクション2017 レンヌ ドゥ ノエル ベア アソートメ…
  4. カカオ 発酵

    チョコレート検定

    チョコレートは発酵食品だった?意外と知られていないチョコレートの秘密とは?
  5. チョコレート検定 年間生産量

    チョコレート検定

    チョコレート検定合格への道⑤ アフリカではどのくらいカカオ豆を生産しているの?
PAGE TOP