チョコマニア ヴィタメール

バレンタイン特集

ベルギー王室御用達チョコレート!ヴィタメールの2018年バレンタインチョコレートを購入しました!

スポンサーリンク

もぐもぐ。ソラジロウです。

 

今回はベルギー王室御用達チョコレートであるヴィタメールのバレンタインチョコレートを購入してみました。チョコレート検定にも登場するとても有名なチョコレートブランドですが、ソラジロウ自身購入するのは初めてで今回はネットで購入させていただきました。気になっている方も多いと思いますので早速チェックしていきましょう。

 

ヴィタメールの最新バレンタインチョコレート「ショコラ・ド・ヴィタメール」

大人気チョコレートブランドのヴィタメールはベルギーに本店を置く老舗ショコラショップです。1910年に創業のベルギー王室御用達認定ブランドですが「目の届く範囲にだけ届けたい」という手作りに拘ったスタイルで1990年までベルギー本店でしか購入できなかったブランドでした。

しかしその後、日本でも店舗を展開するようになり今では有名百貨店で見かけるようになるまでになりました。ヴィタメールは焼き菓子やバレンタインチョコレートなど色々なショコラがあるのですが、今回は数量限定のバレンタインチョコレート「ショコラ・ド・ヴィタメール」9個入りを購入させていただきました。ちなみに2月1日現在、既に公式オンラインショップは完売しておりますので楽天などご利用ください。

チョコレート職人がわざわざベルギーまで習いに行くほどヴィタメールのチョコレート技術は突出したものがあると思います。チョコレート激戦区であるベルギーでその地位を確保するのは並大抵のことでは無いと思いますのでソラジロウも気合を入れて購入させていただいたわけです。ちなみに購入したのは1月中旬でしたが到着までに3週間かかるとのこと。マジっすか?という思いもありましたが到着の日を首を長くして待っておりました。

チョコマニア ヴィタメール

まずはパッケージですが、ヴィタメールの特徴でもあるピンクが目を奪いますね~!でも派手すぎないピンクなのでとても落ち着いた感じにさせてくれます。

チョコマニア ヴィタメール

原材料です。「選び抜かれた最高の素材で仕上げたおいしさを目の届く範囲だけに届けたい」という創業者アンリ・ヴィタメールの強い信念を感じさせる原材料になっているようです。ヴィタメールは本当においしいものを一番良い状態で味わってもらいたいという考えですべての商品を作っておりますので、これは期待が高まります!

チョコマニア ヴィタメール

ミルティーユ

チョコマニア ヴィタメール

まずは左上のミルティーユから行ってみましょう。見た目的にも華やかでおしゃれなデザインのショコラですね。四つ葉のクローバーをモチーフとしているんでしょうか。紫の鮮やかな色つけなのでそれに関連した中身になっているのかな?

チョコマニア ヴィタメール

食べてみると口の中いっぱいにブルーベリーソースが広がります。それでいて中のガナッシュと合わさって幸せの瞬間ですね~♪コーティングに使っているミルクチョコレートもしっかり存在感を残しているので後味にミルクチョコレートの余韻が残ってとても素敵なショコラです。もう一つ食べたいな~!!

クール・レイ

チョコマニア ヴィタメール

次にハート型のクールレイを食べてみましょう。見た目的には特に変わった特徴はありませんが、何か仕掛けがしてあるのかな?

チョコマニア ヴィタメール

中にはヘーゼルナッツのいい香りをまとったジャンドゥーヤが入っているのですが、かなりネットリしているのと甘さがかなり来ますね~ミルクと一緒に食べたくなるほど重厚な甘さです。これはナッツ好きにはたまらない一品でしょう。しっかりとして噛みごたえも楽しめるので一粒でも満足考えられるショコラですね。

アイリッシュ・カフェ

チョコマニア ヴィタメール

こちらは見た目的にダークチョコレートを使ったショコラですね。変わった形をしておりますが、匂いは何だかコーヒーの香りが漂っております。これはコーヒーとダークチョコレートのマリアージュが楽しめる予感です。

チョコマニア ヴィタメール

食べてみてビックリ!何とコーヒーの香りとウィスキーの香りが口の中に広がりました。これは嬉しい不意打ちです!確かにコーヒーの苦さとダークチョコレートの苦さが合わさってビターな感じがするのですが、ウィスキーの香りと中のガナッシュがほんのり甘いのでとても心地よい苦さになっております。先ほどのクール・レイを食べる前に食べたほうが良かったかな~失敗!

マロー

チョコマニア ヴィタメール

桔梗の形をしたマローを食べてみましょう。それにしてもヴィタメールはショコラの名前が短くていいですね。長すぎるショコラの名前は書いていて大変ですw

チョコマニア ヴィタメール

キャラメルソースが噛み砕いと時に溢れ出るのが嬉しいですね~外見はミルクチョコレートで中がモカ風味のガナッシュは取り合わせ的に最高です!ヴィタメールのミルクチョコレートはかなり甘いので飲み物が欲しくなりますね~このあたりは他のブランドと違う点でしょうか?でもバレンタインチョコレートなのでこれくらい甘くてもいいかもしれませんねw

ヴィタメール

チョコマニア ヴィタメール

中央に鎮座しているチョコレートの名前がヴィタメールなんですが、ヴィトンのマークにも似た気品がありますね。チョコレートの名前にブランドの名前を入れるくらいですからそれだけ自信作ということでしょうか。気合を入れて食べてみましょう。

チョコマニア ヴィタメール

食べ始めは何も感じないのですが、段々口の中で溶け出すと一気にコニャックの味と香りが爆発します。これはガナッシュの中にたくさんのコニャックを入れているんですね~味わいはそれほど甘くなくダークチョコレートの風味がコニャックと合わさって大人の味わいになっております。

キャラソー

チョコマニア ヴィタメール

先ほどのヴィタメールがまだ口の中に残っているので水で洗い流してから次のキュラソーに突入しましょう。見た目はミルクチョコレートですが、どんな仕掛けが施されているのでしょうか?

チョコマニア ヴィタメール

口の中に入れると苦味のあるオレンジの味と香りが真っ先に広がりますが、すぐにコーティングされているミルクチョコレートと合わさって甘いオレンジガナッシュのショコラに変身します。ヴィタメールはこの時間差攻撃が得意なブランドなんですね~これは大変勉強になります。

バニラ・フォンダン

チョコマニア ヴィタメール

馬の顔がデザインされているチョコレートで既にアルコールの香りが漂っております。見た目はダークチョコレートを使用したビターなチョコレートという印象ですが、どうなんでしょうか?

チョコマニア ヴィタメール

味わいは先ほどのヴィタメールほどアルコールの味と香りは強くありません。ただバニラ・フォンダンは最初からアルコールの味がしますので時間差攻撃はありませんね。説明書を見るとグランマニエと書いてあるので確かに納得です。ちなみにグランマニエとはコニャックにビターオレンジの蒸留エキス分を加え、オーク樽で熟成させて作られるアルコール度数は40度のリキュールです。

マティニオン

チョコマニア ヴィタメール

こちらも面白いデザインのチョコレートですね。色合いはミルクチョコレートですが、こちらにも面白い仕掛けがありそうです。

チョコマニア ヴィタメール

中を見てみるとレーズンがそのまま入っておりますね。でもほんのりお酒の香りがするのでラムレーズンになっているのではないでしょうか?こちらも大人向けのミルクチョコレートですね。

フランボワーズ

チョコマニア ヴィタメール

こちらも美しいデザインのチョコレートですね。フランボワーズはフランス語でラズベリーのことで日本語では木イチゴのことですね。見た目がそういうということは中身はどうなっているのでしょうか?

チョコマニア ヴィタメール

期待を裏切りませんね~甘酸っぱいラズベリーソースが口の中に広がります~!!美味い!!でも後からお酒の味も追っかけてきます。おそらくフランボワーズ酒が使われているんじゃないでしょうか?これは嬉しい不意打ちです。苦味のあるダークチョコレートのコーティングに甘いガナッシュ、甘酸っぱいラズベリーソースなんてこれが最後のひと粒だと思うと寂しいですね。でも満足させていただきました。

スポンサーリンク

ヴィタメール2018年バレンタインチョコレートのまとめ

初めて購入したショコラ・ド・ヴィタメールでしたが、本当に驚きの連続でした。今までのショコラとも違って大人向けのアルコールが入ったチョコレートはソラジロウも大好きになり、その品質の高さは確かに大人気になるのも分かる気がします。それにしてもボンボンショコラは切るのが大変です~ヴィタメールも周りのチョコレートが薄いので割るとボロボロになってしまいます。でもこれが美味しさの秘密だったりするので是非読者様にも試していただきたい一品です。

〈ヴィタメール〉ショコラ・ド・ヴィタメール

本当に大人気なのでおそらく手にはいらない可能性もありますが、もし間に合ったら是非ご堪能ください。ここまでお読み頂き誠にありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

関連記事

  1. ゴールドディスカバリーコレクション
  2. チョコマニア アンリ・ルルー
  3. チョコマニア 博多の石畳
  4. チョコマニア 伊藤久右衛門
  5. チョコマニア 恋のてっぽうだま

最近の記事

  1. マリアージュリベンジ!義理チョコに恋のてっぽうだまを頂いたの…
  2. チョコレート検定公式テキストの2018年版と2017年版は何…
  3. チョコレートのマリアージュって一体何?意外すぎるアノ食材と合…
  4. 和風生チョコレートの極めつけ?伊藤久右衛門 ほうじ茶生チョコ…
  5. 日本茶と洋酒のコラボショコラ!伊藤久右衛門2018年バレンタ…
  6. 抹茶生チョコレートが食べたい!それなら伊藤久右衛門 本格抹茶…
  1. テンパリング

    チョコレート検定

    高品質のチョコレート作りには欠かせない作業「テンパリング」って何?
  2. 明治チョコレート

    チョコレートの歴史

    いよいよ日本のチョコレートが海外へ!大正時代は海外進出の時代でもあった!
  3. Bean to Bar

    チョコレート検定

    知らないとマズイ?チョコレートの新しいキーワード「Bean to Bar」って何…
  4. ホワイトカカオ

    チョコレート検定

    超希少!幻のカカオ「ホワイトカカオ」と他の基本的なカカオ三種の違いとは?
  5. チョコレートの歴史

    チョコレートの黄金時代に突入!昭和時代に誕生するチョコレート菓子たちとは?
PAGE TOP