ホワイトカカオ

超希少!幻のカカオ「ホワイトカカオ」と他の基本的なカカオ三種の違いとは?


応援クリックありがとうございます! 

 

もぐもぐ。ソラジロウです。

 

チョコレートを毎日食べていると、たまに珍しいチョコレートも食べたくなっていろいろ検索してしまいます。

そんな時見つけたのが幻のカカオ「ホワイトカカオ」をたっぷり使ったチョコレートだったのです。

でもそもそもカカオってそんなにたくさん品種があるのでしょうか?原産国はたくさんあっても品種まで私達はよく知りません。

今回はホワイトカカオと他の三種のカカオの違いを比べてみましたので早速一緒に学習していきましょう。

 

基本的なカカオの3品種とは?

幻のカカオも気になりますが、そもそもカカオの品種ってどんな種類があるのでしょうか?日本では馴染みがない植物なので知らない人も多いと思います。

代表的な3種類をチェックしていきましょう。

クリオロ種

クリオロという言葉はスペイン語で「自国のもの」という意味があるそうです。原産国は南米(アマゾン川上流部あたり)となっておりますが、歴史的にはメソアメリカ(中米)となっておりメキシコやグアテマラあたりでの栽培記録が残っている貴重なカカオです。

クリオロ種は栽培が困難で抵抗力に弱く絶滅に瀕していると言っても過言ではないカカオです。なので栽培量も大変少なくカカオ全体の0.5%ほどしか生産されておりません。こちらもホワイトカカオ同様幻のカカオになりつつあります。

味は苦味が少なくマイルドで独特の香りを持っているカカオです。フレーバービーンズとしても珍重されております。

フォラステロ種

フォラステロと言う言葉はスペイン語で「よそ者」という意味があるようで原産地はアマゾン川上流部やベネズエラのオリノコ川流域あたりのようです。

こちらのカカオは成長が早い上に育てやすくカカオ全体の生産量の80~90%を占めている代表的なカカオで病気や害虫への抵抗力に強いことからいろいろな国で栽培されているカカオです。

クリオロ種と比べるとチョコレートらしい苦味やカカオ感が強くチョコレート業界にとっては無くてはならないカカオになっております。

味は渋味と苦味が強く香りは刺激的です。

トリニタリオ種

クリオロ種とフォラステロ種との自然交配で誕生したのがトリニタリオ種です。

カリブ海のトリニダート島で誕生したことから命名されました。両者の中間的な性質を持っていて栽培しやしく良質カカオを取れるのが特徴です。世界のカカオ豆の10~15%を占めております。

味はクリオロ種とフォラステロ種の中間を取っていると言ってもいい味わいで香りも豆の形も様々です。

 

幻のカカオ「ホワイトカカオ」とは?

さて三種類のカカオをチェックしてきましたが、この三種類と幻のカカオ「ホワイトカカオ」とはどのように違うのでしょうか?

早速比較していきましょう。

ホワイトカカオ

生産量が極端に少なく世界での生産量も10トンに満たない幻のカカオが「ホワイトカカオ」です。

中身を見ると豆が真っ白だということがわかります。通常のカカオ豆は紫色に対してホワイトカカオは白いのが特徴でカカオの原種に近いとされております。

ここ数年でチョコレート愛好家やチョコレートメーカーからの注目度が上がりホワイトカカオを使ったチョコレートも販売されるようになりました。

通常のカカオ豆と比べると苦味や渋味が少なくカカオ本来の風味を感じることが出来るカカオ豆で、その美味しさにチョコレートファンも納得の一品となっております。

ホワイトカカオを使ったチョコレートを食べてみたい!

超希少で貴重なホワイトカカオを使ったチョコレートを食べてみたい方はこちらから購入できます。

Bean to barの潮流が広がる中、ホワイトカカオを使ったチョコレートは益々注目度を浴びることだと思います。

世界的に見ても大変貴重なカカオを使ったチョコレートですので、チョコレートファンなら一度は食べてみたほうが良いと思いますよ。

 

 

ホワイトカカオまとめ

カカオ豆の中でも大変貴重なホワイトカカオをご紹介させていただきましたがいかがだったでしょうか?

カカオ豆だけでも世界的に見て貴重な作物なのにその中でも幻と言われるホワイトカカオがあるということも新たに見つかったチョコレートの魅力ですよね。

日本人は限定とか幻という言葉に弱いので、無くなる前にしっかり味わっておく必要があると思いますw

日本でも取り扱っているお店はそんなに多くないのでチョコレート専門店やチョコレートメーカーからの限定発売情報があったら迷わず購入してみてください。

ここまでお読み頂き誠にありがとうございました。

 

 


応援クリックありがとうございます!

関連記事

  1. フランス パティシエ
  2. 生チョコレート
  3. カカオ豆 焙煎
  4. ファットブルーム
  5. ブロンドチョコレート

最近の記事

  1. チョコレート検定合格への道⑲ みんな大好きマカロン!意外と知…
  2. 知る人ぞ知る千葉県のチョコレートブランド  Artisan …
  3. チョコレート検定合格への道⑱ ショコラの権威ある協会って?日…
  4. チョコレート検定合格への道⑰ テンパリングって難しい?艶のあ…
  5. チョコレート検定合格への道⑯ 生チョコの定義?生クリームの定…
  6. チョコレート検定合格への道⑮ チョコレート業界の重要人物を覚…
  1. チョコレート検定

    チョコレート検定

    チョコレート検定公式テキストの2018年版と2017年版は何が違うの?細かくチェ…
  2. ベルジアン フェイバリット アソートメント

    ゴディバ

    2018年ゴディバ最新バレンタインチョコレート!ベルジアン フェイバリット アソ…
  3. チョコマニア ゴディバ

    ゴディバ

    ゴディバの高級チョコレート「42%ミルクチョコレート」2種を購入してみました~!…
  4. ファットブルーム

    チョコレート検定

    チョコレート検定合格への道⑧ チョコレートが嫌うシュガーブルームとファットブルー…
  5. チョコレート検定 カカオ豆

    チョコレート検定

    チョコレート検定合格への道④ カカオ産地によるチョコレートの味の違いってあるの?…
PAGE TOP