チョコマニア アンリ・ルルー

アンリ・ルルー2018年最新バレンタインチョコレート!限定販売ブルターニュ・ルルーを購入してみました!


応援クリックありがとうございます! 

 

もぐもぐ。ソラジロウです。

 

今回は世界的にも大変有名なチョコレートショップである「アンリ・ルルー」のバレンタインチョコレートを購入してみました!それもオンラインでしか購入できない限定販売品となっております。

【HENRI LE ROUX アンリ・ルルー】

アンリ・ルルーもチョコレート検定学習時から気になっていたブランドでいつか食べてみたいと思っていたんですよね~早速チェックしていきましょう!

 

誰もが認める殿堂入りメゾン「アンリ・ルルー」

アンリ・ルルーというとフランスを代表するチョコレートブランドですが、チョコレートよりもキャラメルで一度は耳にしたことがあるブランドだと思います。アンリ・ルルーは塩キャラメルを創出したことでも有名で塩スイーツのブームの火付け役としても有名です。



そんな老舗チョコレートブランドのアンリ・ルルーですが、今回はオンライン限定バレンタインチョコレート「ブルターニュ・ルルー」を購入してみました。

チョコマニア アンリ・ルルー

オレンジのリボンが印象的ですね~ソラジロウはフランス語読めないので文章を見ただけでアンリ・ルルーと判別するのは無理ですw なのでこの機会に覚えてしまいましょう。それにしてもパッケージを見ただけで高級品ということがわかります。箱自体も他のブランドに比べると小さいので届いた時はこれだけ??という印象でした。でもそれだけ中身に自信があるということかもしれません。

チョコマニア アンリ・ルルー

リボンを取るとこんなデザインなんですね。フランス語でもチョコレートだけは何故か読めますw

チョコマニア アンリ・ルルー

原材料はこんな感じです。フランス独自の材料が多いのかと思ったら「ごま」「そば」など日本の材料も積極的に取り入れているんですね。アンリ・ルルーを一躍有名にしたキャラメルも「ユズマッチャ」という商品があるくらい日本の材料を積極的に取り入れているものが多くフランスのブランドとしては珍しいのかもしれません。これは期待できそうですね~!

チョコマニア アンリ・ルルー

フタを開けるとこんな感じです。第一印象ですが、全て一口サイズでデザインもバリエーションも質素です。他のブランドはカラーもデザインも凝ったところが多いのですが、アンリ・ルルーはそんなブランドとは対象的なブランドなんでしょうか。ということは中身で勝負ということですね!気合い入れて食していきましょう。

ゴマ

チョコマニア アンリ・ルルー

まずはショコラの上にゴマが乗っている「ゴマ」からw ショコラ名前がゴマって!w フランスに行ってもゴマはゴマなんでしょうか?そのまま通じるなら本当に凄いですね。でもこのゴマは本当に香りも素晴らしいですね。食べる前からゴマのいい香りがします。

チョコマニア アンリ・ルルー

2つに割ってみるとたっぷりのゴマが見えますね。白いツブツブがゴマなんですがすり潰さず香ばしくローストしたものを使う辺りがフランス流なんでしょうか。ペーストにしてしまうとチョコレートの香りを損なってしまうのかなと思いましたが食べてみるとダークチョコレートの苦味もしっかり感じることが出来てチョコレートの香りもゴマに負けておりません。2つ合体すると新たなチョコレートの香りを楽しませてくれます。これは面白いですね~

サラジンヌ

チョコマニア アンリ・ルルー

隣のサラジンヌを食べてみましょう。上に乗っている粒は何とそばの実です!チョコレートとそばって合うのかな??と誰もが思うかもしれません。日本人ならそばとチョコレートを合体させてみようとは思わないかもしれませんね。それだけアンリ・ルルーのチョコレートは大変独創的だと思います。

チョコマニア アンリ・ルルー

2つに割ってみるとチョコレートの中身にはゴマと違ってソバは見えませんね。食べてみると中のガナッシュの香りが通常のものと違うのがわかります。説明書を見るとそばの実の香りを生クリーム付けてガナッシュにしたそうです。この発想はまさに驚きですね~そばの香りに生クリームでそれをガナッシュにするのだから驚嘆に値します。

プティ・デジュ・レ

チョコマニア アンリ・ルルー

次は見たところミルクチョコレートのような色合いのショコラですね。変わり種が続きましたからこのあたりで王道が来るのかもしれません。これは楽しみです!

チョコマニア アンリ・ルルー

食べてみるとサクサクした食感にコーヒーの甘い香りが口の中にいっぱい広がります。サクサクネットリしているで楽しいショコラですね~!サクサクした食感はクレープダンテルと書いてあります。薄いクレープ生地をサクサクにしたお菓子という感じでしょうか。日本にもルマ◯ドとかありますよね~あれだと思います。

ドフィノワ

チョコマニア アンリ・ルルー

ここまで食べてきたましたが、見た目ではなくて味で勝負するブランドということは本当にわかりました。次はドフィノワを食べてみましょう。これはどんな味なのかな?

チョコマニア アンリ・ルルー

クルミのいい香りがします~!荒く砕いたクルミがいいアクセントになっておりますね。サクサクした食感が楽しいショコラです。クルミ以外にもアーモンドも入っているのでナッツ好きにはいいと思います。

ソワジック

チョコマニア アンリ・ルルー

ソワジックという名前も期待が高まる名前ですね~見た目はダークチョコレートでコーティングされているようですが、どんな味なのかな?

チョコマニア アンリ・ルルー

ビターで苦味があるダークチョコレートに中のプラリネが心地よい味わいを醸し出しているのですが、サクサクした食感は何とそば粉のサブレなんだそうです。すごいな~この組み合わせもとても参考になります。そば粉ってチョコレートと合うんですね。

プディ・デジュ・ノワール

チョコマニア アンリ・ルルー

先ほどプティ・デジュ・レを食べさせて頂きましたが、ミルクチョコレートに対してこれはダークチョコレート版ですね。見た目的には色合いが違うだけで中身はどのように違うのでしょう。気になりますね~

チョコマニア アンリ・ルルー

こちらもコーヒーのプラリネとサクサクしたクレープダンテルが入っているので中身は同じなんですが、周りをコーティングしているチョコレートがビターなので違うショコラに感じてしまいますね。それにしてもアンリ・ルルーは香りと味わいが濃いです。小さい一粒なんですが凝縮しているのが本当にわかります。いい材料を使っているのがわかりますね~

ノワゼッティンヌ・レ

チョコマニア アンリ・ルルー

言いにくいショコラですねw 英語や日本語なら味の想像もしやすいですが、このチョコレートはどんな味なのか想像すらできません。でもそれが逆にワクワクしますね。

チョコマニア アンリ・ルルー

2つに割ってみるとナッツのような白いツブツブが見えますね。食べてみるとやわらかくて下でさっくり割れるプラリネが気持ち良いです。ヘーゼルナッツがサクサクでミルクチョコレートが重厚で一粒で満足考えられるショコラに仕上がっております。かなり甘いのでミルクが欲しくなりますね^^;

ヤニック

チョコマニア アンリ・ルルー

最後の一粒になりました。いつも思うのですが16個入り頼んでおけばよかったと後悔しておりますw でもアンリ・ルルーは本当に見た目ではなく味で勝負するブランドということが分かって良かったです。最後の一粒はどんなショコラなんでしょう?

チョコマニア アンリ・ルルー

食感は細かく砕いたグレープダンテルがたっぷり入っております。サクサクというよりジャリジャリという感じで細かい感じですね。味わいはヘーゼルナッツのジャンドゥーヤなんですが、ちょっと塩気を感じますね。甘いというよりは香ばしさを感じますので塩スイーツの元祖としてのエッセンスが入っているのかもしれません。これも美味しいですね~

 

アンリ・ルルー ブルターニュ・ルルーのまとめ

今回は初めて購入したアンリ・ルルー ブルターニュ・ルルーを食べてみましたが、こちらも本当に勉強になることばかりで驚きの連続でした。最初はこのサイズでこの価格は高すぎない?と思ったのですが、食べて納得!買って良かったと思います。

フランス直輸入!バレンタインなら【HENRI LE ROUX アンリ・ルルー】

この他にもいろいろなチョコレート、キャラメルがありますので是非洋菓子の本場フランスのアンリ・ルルーを試してみたい方はWEB限定ショコラ【HENRI LE ROUX アンリ・ルルー】
から購入してみてください。ここまでお読み頂き誠にありがとうございました。

 


応援クリックありがとうございます!

関連記事

  1. チョコマニア ヴィタメール
  2. チョコマニア 伊藤久右衛門
  3. チョコマニア 伊藤久右衛門
  4. ベルジアン フェイバリット アソートメント
  5. ゴールドディスカバリーコレクション

最近の記事

  1. チョコレート検定合格への道⑲ みんな大好きマカロン!意外と知…
  2. 知る人ぞ知る千葉県のチョコレートブランド  Artisan …
  3. チョコレート検定合格への道⑱ ショコラの権威ある協会って?日…
  4. チョコレート検定合格への道⑰ テンパリングって難しい?艶のあ…
  5. チョコレート検定合格への道⑯ 生チョコの定義?生クリームの定…
  6. チョコレート検定合格への道⑮ チョコレート業界の重要人物を覚…
  1. チョコレート検定 年間生産量

    チョコレート検定

    チョコレート検定合格への道⑤ アフリカではどのくらいカカオ豆を生産しているの?
  2. カカオマス

    チョコレート検定

    カカオマスとココアバターの違い説明できますか?チョコレートの材料について掘り下げ…
  3. チョコマニア 神戸フランツ

    神戸フランツ

    洋酒の香りがたまらない~!神戸フランツ 神戸魔法の生チョコレート(プレーン)を購…
  4. メソアメリカ

    チョコレートの歴史

    壮大な旅の始まり!最初にカカオを見つけたのはコロンブスだった?
  5. チョコレート検定 カカオ豆

    チョコレート検定

    チョコレート検定合格への道④ カカオ産地によるチョコレートの味の違いってあるの?…
PAGE TOP