チョコレート検定 ココア

チョコレート検定

チョコレート検定合格への道② ヨーロッパでチョコレート会社が続々誕生したのは何世紀から?

更新日:

←美味しそうだと思ったらクリックしてください!

 

もぐもぐ。ソラジロウです。

 

チョコレート検定ではチョコレート会社に関する問題も数多く出題されます。これが本当に苦労するのですが、中上級者向けでは当たり前の情報なんですよね。なので無視するわけにはいきませんので何とか覚えてしまいましょう。今回はヨーロッパに的を絞って考えていきたいと思います。

チョコレートと産業革命には密接な関係がある?

ヨーロッパでチョコレート会社が多く誕生したのはいつ頃なんでしょうか?それには産業革命頃のヨーロッパまで遡る必要があります。

技術革新が花開く産業革命

産業革命というとイギリスでは1760年代から1830年代までの期間を指しますが、この頃は人力に変わる水力や蒸気などを利用した動力を用いた機械により、チョコレート製造もより本格化していきました。19世紀にはいろいろなチョコレート会社が誕生したのですが、その中でも有名な会社といえばココアで有名な「バンホーテン社」だと思います。

1828年 クンラート・バンホーテン

ココアで有名なバンホーテンですが、1828年にチョコレート4代発明ともなるココアに関する発明を行います。カカオ豆は発酵の過程でできる酢酸などの有機酸が残っているので湯気と一緒に立ち上る酢臭などが鼻につくものだったのですが、バンホーテンはこの強い酸味をアルカリで中和する方法で、刺激や渋みを減らし、飲みやすいココアにしたのです。

ダッチプロセス

カカオ豆にアルカリ処理(アルカリゼーション)をすることによって色調に深みが出て味もマイルドになりました。この製法を「ダッチプロセス」といい、現代でもココア製造の基本として使われております。

55%のココアバター

バンホーテンが行ったもう一つの偉業は、カカオ豆をすりつぶしたカカオペーストには約55%のココアバターが含まれているのですが、圧搾機を用いることでココアバターを28%まで減らすことに成功したことです。搾り取ったものを細かくしたものがココアになるのですが、お湯と混ざりやすくなったということもバンホーテンの偉業と言えるのではないでしょうか?

まとめ

19世紀にバンホーテンのような会社が誕生した背景には産業革命に伴って出てくる動力を用いた機械がたくさん出てきたことがあることがよくわかりましたね。

今日のココアが美味しく冷たくしても暖かくしても飲めるのはバンホーテンのような会社があったからだと思います。もしチョコレート検定で19世紀頃のヨーロッパで有名な会社はと聞かれたらバンホーテン社と答えられるようになりましょう。ここまでお読みいただき誠にありがとうございました。

 

 

 

←美味しそうだと思ったらクリックしてください!

 

-チョコレート検定
-

Translate »

Copyright© チョコマニア~人気チョコレートブログ~ , 2019 All Rights Reserved.