テオブロマカカオリンネ

チョコレート検定合格への道⑦ カカオという名前は誰が付けたのか?


応援クリックありがとうございます! 

 

もぐもぐ。ソラジロウです。

 

皆様はカカオという名前は誰が付けたのか?知っておりますか?名付け親がいるってことをあまり知らない方もいらっしゃると思います。

今回はカカオの名前の由来と名付け親について調べていきましょう。

 

カカオの名前の由来とは?

カカオという植物の学名は「テオブロマ カカオ リンネ」という名前が付いたアオイ科の植物です。テオはギリシャ語で神々、ブロマは食べ物という意味だそうで、テオブロマを直訳すると「神々の食べ物」という意味になります。

確かにメソアメリカでは神々に捧げるお供え物だったようですし、身分の高い貴族や神官でないと口にできなかった高級な食べ物で、ヨーロッパでも貴族にしか許されなかった食べ物ということを考えると、ぴったりなネーミングですよね。

カカオはカボス??

カカオという植物の名前は覚えましたか?でもチョコレート検定では、カカオの樹だけではなく、カカオの実の名前も覚えなくてはいけません。

しかも国によって呼び方も様々なので、チョコレート検定では、英語とフランス語の2つを最低でも覚えなくてはいけません。

英語:カカオボッド  フランス語:カボス

カカオという名前は誰が付けた?
植物学者リンネ

出典:お札とコインの資料館

カカオという名前を命名したのはスウェーデンの植物学者リンネですが、スウェーデンではとても有名な植物学者でスウェーデンのお札にも載っている方のようです。

18世紀頃に活躍したリンネですが、スウェーデンといえば一人あたりのチョコレート年間消費量第11位の国でチョコレート大好き国民がたくさんいることもあって、もしかしたらリンネがお札の絵柄になっているのかもしれませんね。ちなみに今はお札の絵柄も変わっておりますので、このリンネも旧札になってしまっております。

 

まとめ

植物学者リンネとコンチェを発明したリンツは名前がよく似ているので、間違いやすいキーワードとなっております。でも顔と業績を考えれば必ず覚えられると思うので、リンネの名前とカカオの名前の由来をしっかり頭に叩き込んでおきましょう。

テオブロマ カカオ リンネの意味、しっかり言えますか~?それではここまでお読みいただき誠にありがとうございました。

 

 


応援クリックありがとうございます!

関連記事

  1. カカオ 発酵
  2. チョコレート検定 ロースト法
  3. カカオ豆 焙煎
  4. チョコレート検定 ココア
  5. チョコマニア マリアージュ

最近の記事

  1. ゴディバ2018年最新作のマカロンチョコレートをチェック!
  2. セブンイレブン限定の気になるショコラスイーツを全部購入してみ…
  3. ジョエル・ロブションから新作バレンタインショコラ「ボンボン …
  4. ローソンで見つけた期間限定ゴディバのショコラースイーツ三種を…
  5. 至福過ぎる~美味しさ!コンビニ限定のゴディバ高級アイスクリー…
  6. ファミリーマートに悪魔的美味しさのショコラスイーツがあるって…
  1. カカオ・ポリフェノール

    チョコレート効果

    健康長寿はカカオポリフェノールを取っていた?チョコレートに含まれるカカオポリフェ…
  2. チョコマニア 博多の石畳

    チョコレートショップ

    冬に食べる生チョコ美味し!チョコレートショップの「博多の石畳」新生チョコミルクを…
  3. ショコラトル

    チョコレートの歴史

    ココアは飲み物?食べ物?カカオ到来で揺れたヨーロッパ諸国
  4. ブロンドチョコレート

    チョコレート検定

    ダーク、ミルク、ホワイトに続く第4のチョコレート「ブロンドチョコレート」って何?…
  5. チョコレート検定

    チョコレート検定

    2018年度、チョコレート検定申し込み期限は8月7日までですよ~!
PAGE TOP