チョコレート検定合格への道⑮ チョコレート業界の重要人物を覚えよう!~日本編~


応援クリックありがとうございます! 

 

もぐもぐ。ソラジロウです。

 

重要人物を覚えよう!のコーナーは、いよいよ日本編に突入となります。海外の重鎮ももちろん有名人ばかりでしたが、日本の重要人物も大物ばかりですので、この人知っている~!という人だらけだと思います。

全員覚えてチョコレート検定対策に使ってくださいね。それでは一緒に学習していきましょう。

 

チョコレート業界の重要人物~日本編~

歴史から考えれば日本はまだまだチョコレート初心者で、世界各国に比べたらかなり遅れていると思う方もいらっしゃるかもしれません。でもそれはかなり昔の話であって、今では世界に負けない美味しいチョコレートをたくさん作っているブランドや職人が多くいらっしゃいます。今回はその中でも特に覚えなくてはいけない重鎮をまとめてみました。

・ショコラティエ パレ ド オール
三枝俊介

出典:ショコラティエ パレ ド オール

NHK プロフェッショナルの流儀にも出演されていたので、見たことがある方も多いのではないでしょうか?ショコラティエ パレ ド オール オーナーシェフの三枝俊介氏です。日本では数少ないショコラティエ(チョコレート職人)の三枝氏ですが、山梨、大阪、東京に店舗を構える超人気ブランドのオーナーで、チョコレートとアルコールのマリアージュをいち早く提唱した人物としても有名です。

 

・ショコラティエ ラ・ピエール・ブランシュ
白岩忠志

出典:アポランねっと

元町店と本店須磨店の2店舗を展開している「Chocolatier La Pierre Blanche」。チョコレート職人として日々美味しいチョコレートを作り続けているのがオーナーの白石忠志氏です。一つひとつこだわって作られたチョコレートは女性ファンを虜にするほどの大人気で、世代を超えて多くの人々に愛されています。

日本の素材を積極的に取り入れており、チョコレートも日本のクーベルチュールメーカーのものを使用したりと、食べて分かるチョコレート作りを目指している点もかなり勉強になります。

 

・ル・ショコラ・ドゥ・アッシュ
辻口博啓

出典:ル・ショコラ・ドゥ・アッシュ

この方も超有名人ですよね~ショコラ関係の番組出演もそうなんですが、金髪でパティシエという見た目も印象深くて多数メディアに出演されていることから、一度は必ず見たことがある人ばかりだと思います。辻口博啓氏の作るチョコレートはC.C.Cのショコラ品評会でも外国人部門最優秀賞受賞、インターナショナルチョコレートアワード3年連続金賞受賞など数えきれない経歴の持ち主です。特に特筆べき点はチョコレートに対する姿勢はまさに世界級だということ。大人のショコラを味わえるとして、常に「極上」を念頭に厳選した素材で妥協のないチョコレート作りを行っております。

 

・マ・プリエール
猿舘 英明

出典:マ・プリエール

100種類以上のクーベルチュールを使いこないチョコレートの名手、猿舘英明氏です。国際コンクールでも数々の受賞歴がある有名人ですが、本店には90種類以上のボンボンショコラが並ぶなど、ちょっと他の店では真似できないこともまたマ・プリエールの特徴でもあります。

チョコレート以外にもチョコレートをふんだんに使ったケーキも美味しくて誕生日ケーキの種類も半端ではありません。本当に美しいチョコレートやケーキがたくさんあるので、一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

・ミュゼ・ドゥ・ショコラ・テオブロマ
土屋公二

出典:ミュゼ・ドゥ・ショコラ・テオブロマ

チョコレート検定公式ガイドブックにも載っている土屋公二氏です。お店の名前に「テオブロマ」と付けているあたりも土屋氏らしいのですが、「チョコレートの博物館のようなお店を作りたい」という思いが込められており、そのチョコレートはC.C.C主催のチョコレート品評会で外国人部門最高味覚賞を受賞するなどの日本を代表するショコラティエの一人でもあります。

特にチョコレートには素材の鮮度や味わい、滑らかで口溶けの良いチョコレートを作るという思いが作品の中に込められているのが、ソラジロウでもわかるくらいはっきりしたチョコレートです。

 

・オリジンヌ・カカオ
川口行彦

出典:オリジンヌ・カカオ

日本におけるショコラティエの先駆者と言っても過言ではありません。オリジンヌ・カカオ オーナー川口行彦氏です。この方の経歴は本当に凄いのですが、2005年にルレ・デセールの会員として認められ、C.C.Cでは日本人初の最高評価を受けることになります。

選びぬかれたカカオを使ったボンボンショコラは、店名の「カカオの原産地」に恥じぬクオリティの高さで、ゆずやしょうがなど日本の素材も積極的に取り入れたチョコレート作りもかなり勉強になりますし、口に入れてから溶け出すまでの時間の計算、サイズ、ガナッシュの柔らかさまで全て計算され尽くした究極のボンボンショコラは本当に頭が下がる思いです。

 

・パティシエ エス コヤマ
小山進

出典:ショコラティエ エス コヤマ

最後にご紹介する職人もメディアで大活躍の小山進氏です。テレビ東京 TVチャンピオンで何回も優勝を果たしているので見たことがある方も多いかと思いますが、2011年にパリのサロン・デュ・ショコラで初出展を皮切りにパリ、ニューヨーク、ロンドンで開催される国際的なコンクールでも最高評価を受賞するなど、世界的に活躍するショコラティエの1人です。

ボンボンショコラやタブレットだけではなく、チーズケーキやプリン、焼き菓子など全て本当に美味しそうで、その多彩な腕前には感服するほどです。京都生まれとのことなので、どこか和菓子に通じるものを感じられるのはソラジロウだけでしょうか。それにしても美味しそうです♪

 

まとめ

チョコレート業界の重要人物を覚えよう~日本編~でしたが、いかがでしょうか?

これでもまだ日本はチョコレート先進国に劣っているのでしょうか?それどころか日本人らしいチョコレートを世界に発信し続けている姿勢は見習うべきですし、世界のどの国にも真似できない独自性を持っているショコラティエがたくさんいて、これからのチョコレート探しがもっと楽しくなりそうな予感です♪

本当はもっと紹介したいショコラティエの重鎮はまだまだいらっしゃるのですが、全部紹介できず申し訳無い!

皆様ももしお近くに立ち寄った際は、こだわり抜いたチョコレートを是非ご堪能ください。いつも混んでいるブランドばかりなので早めに予定を組まないと駄目ですね~ソラジロウもがんばります!ここまでお読みいただき誠にありがとうございました。

 

 


応援クリックありがとうございます!

関連記事

  1. チョコレート検定 年間生産量
  2. ファットブルーム
  3. ローチョコレート
  4. チョコマニア マカロン
  5. チョコレート検定

    チョコレート検定

    2018年度チョコレート検定の受験受付開始したよ~!

    もぐもぐ。ソラジロウです。チョコレート検定…

最近の記事

  1. ゴディバの2018年新作クリスマスショコラ「クリスマスツリー…
  2. 自分へのご褒美に~!ゴディバの新作ボンボンショコラ「キューブ…
  3. 神戸の老舗ショコラブランド ゴンチャロフの「ブーケ ド ショ…
  4. ノイハウスのラスボス的ボンボンショコラ!「ディスカバリーコレ…
  5. 【報告】チョコレート検定 エキスパート(中上級)に合格しまし…
  6. ノイハウスのボンボンショコラが美味しすぎる~!!Pink L…
  1. Artisan Chocolate 33

    Artisan Chocolate 33

    知る人ぞ知る千葉県のチョコレートブランド  Artisan Chocolate …
  2. チョコマニア ゴディバ

    ゴディバ

    ゴディバのクリスマスコレクション2017 レンヌ ドゥ ノエル ベア アソートメ…
  3. メソアメリカ

    チョコレートの歴史

    壮大な旅の始まり!最初にカカオを見つけたのはコロンブスだった?
  4. チョコマニア green bean to bar CHOCOLATE

    green bean to bar CHOCOLATE

    超希少カカオ「チュアオ」を使ったgreen bean to bar CHOCOL…
  5. チョコレート検定

    チョコレート検定

    明治製菓が行っているチョコレート検定って何だろう??
PAGE TOP