チョコレート検定合格への道⑱ ショコラの権威ある協会って?日本ではどんな人が加入している?


応援クリックありがとうございます! 

 

もぐもぐ。ソラジロウです。

 

チョコレートブランドをチェックしていると、時々「C.C.C」の文字を見かけたり、「M.O.F.」の文字を見たりすることがありませんか?これは一体何なのでしょうか?

チョコレート好きなら知っていないとマズイ組織やコンクールなので、一緒に学習して一気に覚えてしまいましょう。

 

C.C.Cって一体どんな組織?

Club des Croqueurs de Chocolat

1981年に発足したフランスのショコラ愛好家による会「Club des Croqueurs de Chocolat(クラブ・デ・クロクール・ドゥ・ショコラ=チョコレートをかじる人たちのクラブ)」の略が「C.C.C」です。

このクラブの会員数は150人に限定されており、その中から20名の審査員を選出。出品依頼に応じたショコラティエのショコラを審査員がテイスティングし、結果をフランス部門、外国人部門に分け、金・銀・銅の3段階で評価しております。

更に優れたショコラティエには「アワード」と呼ばれる賞が贈られます。品評結果は毎年、サロン・デュ・ショコラ パリで発表されております。ちなみに2017年度に受賞し、日本に店舗があるブランドは以下の通りです。

CCC受賞ブランド<フランス>
CCC受賞ブランド<日本>

※順不同

2017年も、2016年に引き続き、タブレット(板チョコレート)が評価の対象となっております。美味しい板チョコレートをたくさん知る切っ掛けになりますね。

 

フランス最高職人の称号「M.O.F.」とは?

M.O.F.

フランス国家最高職人の称号「Meilleur Ouvrier de France」の略です。

職人の技術保護のために1924年に制定され、その職種は料理以外にも植木や美容師、ガーデニングなど約180種にも渡ります。

M.O.F.のコンクールは3〜4年ごとに行なわれるのですが、その内容はめちゃくちゃ厳しく、出場者は2〜3年以上の長い期間をかけて技術を競います。ですが書類選考の時点で既に難関となっており、その条件はフランスで5年以上働き、過去に著名なタイトルを持っていることと、フランス人の後見人がついていること。これをクリアしないと書類審査すら受けてもらえません。しかも書類には応募者が働いている店のシェフなど、指導者の推薦状が必要です。

書類審査を通過しても筆記試験は全てフランス語ですし、ショコラティエは食材に関する知識や美味しいチョコレートを作るための計算など即座に計算する能力を求められます。

実技試験も二日間に渡って行われ、それを通過して初めてファイナリストに残ることが出来るのです。審査員の前で実際にチョコレートを作り、芸術性やアピール力、規定の数や大きさなど細かく審査されます。

実技試験を通過してもまだ試験は続き、セミファイナル、ファイナル試験と行います。文化省の官僚が立ち会い、その場で渡されるシークレット問題など、かなりハードな内容の試験を突破し、フランス食文化の正当な後継者であるか動画厳格な審査を経て初めてトリコロールカラーの襟のコックコートの着用が認められるのです。

「ショコラティエ」部門は1990年に新設されましたが、チョコレート業界でも特に有名なM.O.F取得者は、ジャン=ポール・エヴァン氏、ニコラ・クロワゾー氏、パスカル・カフェ氏、マルク・ドゥバイヨル氏が上げられる。※順不同

 

チョコレートの世界大会「インターナショナル チョコレート アワード」

インターナショナルチョコレートアワード

2012年にイギリス・アメリカ・イタリアの団体(個人)によりスタートした、独立したチョコレートの品評会です。

C.C.Cがチョコレート愛好家によるショコラティエの品評会に対して、インターナショナル チョコレート アワードは大小様々な規模のビーン・トゥ・バーブランドが中心となって行われるコンクールという感じのイベントです。

出品されたチョコレートは、ヨーロッパ、アメリカ、アジアなどの世界各地での審査・大会を経て、毎年10月に世界大会がロンドンで行われております。コンクールの部門も細かく設定されており、部門は主に、板チョコレート(プレーン、フレーバー)、ボンボンショコラ、ナッツ系のチョコレート、キャラメルをコーティングしたチョコレート、チョコレートペースト、その他のチョコレートに別れていて、各部門の中でも更に細かく分かれております。

各部門で受賞すると、金賞、銀賞、銅賞の3つから賞が贈られ、受賞した商品にはインターナショナル チョコレート アワードのマークを添付する権利がもらえます。当然のことながら絶大なアピールポイントになるので各ブランドも必至です。

 

パティシエのための協会「ルレ・デセール」

ルレ・デセール

パティシエ(ショコラティエ)により、「最高の菓子作り」のための意見交換を主な目的として1981年に設立された協会が「ルレ・デセール」です。

ヨーロッパを中心に世界15カ国、87名のパティシエが加盟しており、メンバーになるためには、既存メンバー2名からの推薦が必要で、メンバーの前でのプレゼンテーションを経て選出されます。

「品質」「交換」「友情」を理念に掲げ、春と秋に行われる2回のセミナーを通して交流を深めており、現会長はフレデリック・カッセル氏。副会長はピエール・エルメ氏です。

日本人で会員になっているのは現在、以下7人となっております。

いずれも超人気ブランドのオーナーシェフで、この七人の日本人がルレ・デセールの会員だなんて本当に誇りです。

 

まとめ

今回は世界のショコラティエが注目するソサエティーをご紹介させていただきましたが、いかがだったでしょうか?

有名ブランドのオーナーシェフも絶え間ぬ努力の末、勝ち取った栄光と名誉がこういった形になって世界に配信されていくなんて凄いことなんだな~と改めて思いました。日本人も頑張れば世界に認められるショコラティエになれるんだなと思うと誇らしいですね。ソラジロウもがんばります!ここまでお読みいただき誠にありがとうございました。


応援クリックありがとうございます!

関連記事

  1. チョコマニア ヴィタメール
  2. ファットブルーム
  3. テオブロマカカオリンネ
  4. チョコマニア カカオの種類
  5. チョコレート検定 ココア

最近の記事

  1. ゴディバの2018年新作クリスマスショコラ「クリスマスツリー…
  2. 自分へのご褒美に~!ゴディバの新作ボンボンショコラ「キューブ…
  3. 神戸の老舗ショコラブランド ゴンチャロフの「ブーケ ド ショ…
  4. ノイハウスのラスボス的ボンボンショコラ!「ディスカバリーコレ…
  5. 【報告】チョコレート検定 エキスパート(中上級)に合格しまし…
  6. ノイハウスのボンボンショコラが美味しすぎる~!!Pink L…
  1. チョコマニア 神戸フランツ

    神戸フランツ

    甘酸っぱさがたまらない~!神戸フランツ 神戸苺トリュフを購入してみました!
  2. ゴディバ キューブ トリュフ アソートメント

    ゴディバ

    自分へのご褒美に~!ゴディバの新作ボンボンショコラ「キューブ トリュフ アソート…
  3. チョコレート効果

    ピロリ菌や大腸菌O-157にも効果的?チョコレートやココアが持つ健康効果とは?
  4. チョコマニア ノイハウス

    ノイハウス

    ベルギーの老舗チョコラショップ ノイハウスのボンボンショコラ「Pink Luxu…
  5. チョコマニア ゴディバ

    ゴディバ

    ゴディバの2018年新作クリスマスショコラ「クリスマスツリーアソートメント」10…
PAGE TOP