チョコマニア ジャン=ポール・エヴァン

至福過ぎる~!ジャン=ポール・エヴァンのチョコレートケーキ3種が異次元の領域でした!


応援クリックありがとうございます! 

 

もぐもぐ。ソラジロウです。

 

ソラジロウの家の周りには幸運にもチョコレート専門店が数多くあります。毎日チョコレートを物色できる幸せは何事にも代えがたい幸せなのですが、その中でもちょっと別格のチョコレート専門店があるのです。

それが今回ご紹介するジャン=ポール・エヴァンなのですが、このチョコレートケーキはちょっと他では味わえない領域にかなり踏み込んでいる衝撃的なケーキです。ソラジロウが何を食べたのかご紹介させていただきます。

 

チョコレート好きを唸らせる!ジャン=ポール・エヴァン至福のチョコレートケーキとは?

今回、お邪魔させていただいたのが、福岡県にあるジャン=ポール・エヴァン岩田屋本店です。

ジャン=ポール・エヴァン

出典:ジャン=ポール・エヴァン

ジャン=ポール・エヴァンでは店舗のことを「ブティック」と呼んでいるのですが、その名の通り滅茶苦茶おしゃれで高級感があり、ソラジロウのような田舎者を寄せ付けないオーラがあります。入店する時とても緊張しましたw

そこでいろいろなチョコレートを物色したのですが、その中でも特に美味しそうなチョコレートケーキ3種をお願いしたのです。

チョコマニア ジャン=ポール・エヴァン

ケーキの賞味期限は当日のみで、急いで自宅に戻りケーキを平らげることにしました♪ 箱もおしゃれでさすがフランスを代表するパティシエだな~と感心するばかり。どんな味わいなのか楽しみでしょうがありません。

ドゥジャ

ジャン=ポールエヴァン ドゥジャ

まずはこのチョコレートケーキからです。名前はドゥジャというケーキで説明を見るとジャンドゥーヤとヘーゼルナッツを使ったチョコレートケーキとのことですが、まず感じるのがカカオの香りがものすごく感じ取れることです。

箱を開けた瞬間から立ち上るカカオの香りがここまで感じるチョコレートケーキはあまり記憶にありません。とにかく複雑な香りが印象的なドゥジャというケーキです。

ジャン=ポールエヴァン ドゥジャ

コーティングされているチョコレートがものすごくツヤツヤで、見ただけで美味い!と感じてしまうくらいの魔力を持っておりますが、周りのチョコレートに触れた瞬間、温度を感じないくらい滑らかさで、ちょっと他では感じられない感触を体験しました。洗練されたチョコレートってこうなるんですね~

味わいはとにかく甘さ控えめのチョコレートケーキなのですが、苦味が強く大人の味わいです。2層になっているケーキからはリキュールのような香りもしますし、食べた瞬間に無くなってしまうくらいホロホロとした食感で、もったりした感じもなく、ものすごく洗練されたチョコレートケーキという感じです。

チョコレートケーキの上に乗っているトリュフは、ケーキ本体と比べると対照的で、ヘーゼルナッツガナッシュの風味とかなり甘めを感じるように作ってあるので、本体の甘さ控えめのケーキと一緒に食べると、また違った味合いが楽しめて、本当に楽しいチョコレートケーキとなっております。

こんなに奥行きがあるチョコレートケーキは初めてですね~さすが、M.O.Fのタイトルを持つジャン=ポール・エヴァン氏のケーキだと思いました。

ショコラ フランボワーズ

ジャン=ポール・エヴァン フランボワーズ

次は見た目にもフルーティーなショコラ フランボワーズを食べてみましょう。

上に生の木苺が乗っていて、見た目にも爽やかなチョコレートケーキですね~ 香りは甘酸っぱいフランボワーズが全面に出てきておりますが、カカオの香りがそこまで主張することなく控えめでいる点が本当おしゃれです。

見た感じ、フランボワーズはチョコレートケーキの上だけにあって、中身には入っていないように感じますが、味わいはどうなのでしょうか?

ジャン=ポール・エヴァン フランボワーズ

まず感じるのがチョコレートムースです。苦味が強いムースとなっているのですが、嫌味を感じるほどではなく、むしろ心地が良い苦味となっております。全体的に甘さは控えめなのですが、フランボワーズが甘酸っぱいソースなので、一緒に食べるととても不思議なチョコレートケーキになっておりますね。

見た感じ、重そうな感じのするチョコレートケーキだと思ったのですが、食感も味わいもかなり軽くてとても食べやすいチョコレートケーキになっております。とにかくこのフランボワーズのソースが美味しいので、いくらでも食べられそうな危険なチョコレートケーキですねw

チョコレートムースの中には、フランボワーズは含まれていませんので、ケーキ本体だけ食べて苦味を楽しんで、ソースと一緒に食べて甘酸っぱさを感じる2つの仕掛けがとても楽しいケーキとなっております。

パッション

ジャン=ポール・エヴァン パッション

最後に楽しむのが、パッションというチョコレートケーキです。

ということはパッションというフルーツがたくさん使われているのかな~?と思ったら、上に乗っているのはアーモンドです。どういうこと??と首を傾げてしまうくらい不思議なチョコレートケーキなのですが、まずは香りからチェックして行きましょう。

香りはキャラメルでコーティングされているアーモンドの香りが薫ってくるのが印象的です。パッションという名前よりもアーモンドという名前にしたほうがいいのでは?と思うほどですが、カカオの香りはそこまで主張してきません。味わいはどうなのでしょう?

ジャン=ポール・エヴァン パッション

食べて初めて分かりました!このチョコレートケーキはチョコレートムースとフワフワのスポンジのダブル構造になっておりますが、ムースにもスポンジにもパッションフルーツのソースがたっぷり含まれているのが分かります。

外から見た感じでは全くわかりませんし、上に乗っているアーモンドを見ているので、全く違う味わいを想像していたのですが、これはある意味想像を裏切ってくれた面白いチョコレートケーキですね。

でももっと面白いのが、チョコレートケーキ下部の部分です。アーモンドを使ったパイ生地を細かく砕いたものを敷き詰めてあるようで、フォークを入れた瞬間に「ザクっ」というあまり感じだことがない感触を体感することが出来ます。

ビスケット??と思ったのですが、ジャリッと言う感じはあまり他のチョコレートケーキでは感じた経験がなかったので、ものすごく新鮮な感じがしました。でもこのジャリッとザクッとした部分は全体のケーキに影響を与えないほどに調整されていて全体的な味合いにも影響がないほどとなっているので、触感を楽しむために配置してある仕掛けなんだな~と感じさせてくれます。

パッションフルーツのソースの爽やかさを全面に感じられますが、カカオの苦味はそこまで強くないので、これも何個でも食べられそうなチョコレートケーキですね~とても危険ですw

まとめ

3つ食べ終わって幸せな時を感じさせてくれました今回のジャン=ポール・エヴァン至福のチョコレートケーキ3種はいかがだったでしょうか?

値段はちょっと張りますが、一度食べて見る価値は絶対あると思いますよ~ただ最後にご紹介したパッションは、2018年08月31日で販売終了となっており、ソラジロウが手に入れたものが最後の在庫だったようです。

もしパッションを見かけたら即座に購入して堪能してください。見た目も味わいもいい意味で裏切ってくれるジャン=ポール・エヴァンのチョコレートケーキは本当におすすめです~

ジャン=ポール・エヴァンでは季節限定のフルーツを素材を使ったスイーツがまだまだたくさんありますので、時間と予算と相談してまた買いに行きたいと思います!ここまでお読みいただき誠にありがとうございました。

 

 


応援クリックありがとうございます!

関連記事

  1. チョコマニア ジャン=ポールエヴァン

最近の記事

  1. 神戸の老舗ショコラブランド ゴンチャロフの「ブーケ ド ショ…
  2. ノイハウスのラスボス的ボンボンショコラ!「ディスカバリーコレ…
  3. 【報告】チョコレート検定 エキスパート(中上級)に合格しまし…
  4. ノイハウスのボンボンショコラが美味しすぎる~!!Pink L…
  5. ベルギーの老舗チョコラショップ ノイハウスのボンボンショコラ…
  6. 日本では入手困難?ボンボンショコラ発祥の店 ノイハウス Da…
  1. ベルジアン フェイバリット アソートメント

    ゴディバ

    2018年ゴディバ最新バレンタインチョコレート!ベルジアン フェイバリット アソ…
  2. チョコマニア ノイハウス

    チョコレートの秘密

    日本では入手困難?ボンボンショコラ発祥の店 ノイハウス Dark Delight…
  3. チョコマニア 博多の石畳

    チョコレートショップ

    バレンタインに大人のトリュフはいかが?福岡限定!博多の石畳トリュフを購入してみま…
  4. チョコレート検定

    チョコレート検定

    明治製菓が行っているチョコレート検定って何だろう??
  5. ゴディバ

    ゴディバ

    ゴディバの高級板チョコレート ダークチョコレートとオレンジ&ジンジャーを購入して…
PAGE TOP