カカオ研究所 カ行

ベトナム産カカオ豆を使ったカカオ研究所のタブレット5種をチェック

投稿日:

←美味しそうだと思ったらクリックしてください!

 

もぐもぐ。ソラジロウです。

先日、カカオ研究所カカオシロップを購入しに行ったのですが、もちろんそれだけを購入しに行ったわけではありません♪

九州初のビーントゥバーですから、たっぷりタブレットも手に入れてきました。今回は気になるベトナム産カカオ豆にこだわったタブレット5種をチェックしていきましょう。

ベトナム産カカオ豆にこだわったカカオ研究所

カカオ研究所

カカオ研究所詳細情報

カカオ研究所
〒820-0032 福岡県飯塚市東徳前17-79
Tel:0948-21-1533
Fax:0948-24-2190
Mail:choco@cacaoken.com
OPEN:13:30〜18:00
定休日:火曜、水曜、不定休
駐車場:あり

福岡県飯塚市にあるカカオ研究所はベトナム産カカオ豆にこだわりまくっている九州初のビーントゥバーチョコレートブランドです。

ご夫婦に営んでいるのですが、ご主人がベトナムにいらっしゃるようで、そこの農園で自分で納得がいくまでこだわり抜いたカカオ豆で作るチョコレートは絶品で、知る人ぞ知るブランドになっております。

ベトナム産カカオ豆の他にも、ハイチ産やタンザニア産などシングルビーンやブレンドにこだわったタブレットも数多く取り扱っており、チョコマニア垂涎の逸品もあったりするのです。

カカオ研究所のタブレット5種をチェック

そんなカカオ研究所ですが、気になるタブレットをまずは5種チェックしていきましょう。

今回購入したタブレットはこちらになります~!まずは一つずつ解説していきますね♪

フルーツチョコレート

まずはこちらのフルーツチョコレートになります。

こちらはネット注文できない商品らしく店頭でしか手に入らない貴重なチョコレートです。

カカオ研究所 フルーツチョコレート

九州産のざぼんやキンカンを使っているので、爽やかな香りと心地よい苦味が特徴で、甘さはかなり抑えられているのですが、とても食べやすいチョコレートとなっております。

中に柑橘類の皮のツブツブが練り込まれているので、楽しい食感も楽しめるソラジロウ一押しのチョコレートです。

カカオバー ベトナム100%

次はベトナム産カカオ豆100%のタブレットになります。

こちらは完全にマニア向けチョコレートになっているので、ネット注文でも扱っていないのですが、砂糖も入っていないので、カカオ豆の味わいをすトレードで楽しめる一品となっております。

食べてみると、甘さは全く無く、苦味や渋味を感じるのですが、そこまで強くないのでワインなどにも合わせやすく、料理にも使えそうなチョコレートになっております。

香りも独特で酸味なども感じられますが、クリオロ種などの特徴でもあるフルーティーな香りのカカオ豆で、かなりこだわって作られているのがよくわかるチョコレートです。

カカオバー ベトナム80%

次は先程の100%タブレットと比較するためにベトナム産カカオ豆80%のタブレットも購入していたので比較してみましょう。

こちらのタブレットは何と2019年度AOC(アカデミー・オブ・チョコレート)ブロンズ賞を受賞したタブレットとなっており、ソラジロウもこのチョコレートを試せるのを楽しみにしておりました。

色合いは100%と殆ど変わりませんが、こちらは砂糖がしっかり感じられるほどの甘さになっており、よりカカオ豆の特徴を味わうことができます。

食べてみると、カカオ豆の持つ甘酸っぱさやフルーティな香りがしっかり感じ取れますね。

100%の場合だと、苦さと渋みが全面に出てきていたので、ゆったり楽しむ余裕はありませんでしたが、こちらの80%ならその渋みも苦さも抑えられていて、逆に甘酸っぱさや上品な甘さを楽しめますので、初心者の方にはこちらが食べやすいですね。

80%タブレットはネット注文出来ますので、いつでも手に入るようです。

カカオニブ☓ホワイトチョコレート

次はビターチョコレートから気分を変えてホワイトチョコレートを試してみましょう。

もちろんカカオ研究所のホワイトチョコレートは伊達ではありませんぞ♪

こちらのホワイトチョコレートにはカカオニブが練り壊れていて、サクサクした食感にビターさが加わってめちゃくちゃ美味しいホワイトチョコレートになっております。

ホワイトチョコレート特有のミルク臭は感じられず、カカオニブのおかげで新しいホワイトチョコレートになっているので、食べてみるとびっくりすると思いますよ。

こちらはネット注文出来ませんので、直接店舗に行くしかありません(T_T)

柚子☓ホワイトチョコレート

最後はホワイトチョコレートに柚子が練り込んであるちょっと珍しいタブレットで締めくくりたいと思います。

使用している柚子にもこだわりがあって高知産の柚子を使用しているとのこと。

確かに袋から開けた時に開放される柚子の香りが素晴らしいですね。

カカオ研究所 柚子ホワイトチョコレート

タブレットの裏を見てみると大粒の柚子がしっかり確認できます。

食べてみると柚子の苦味と爽やかな香りがホワイトチョコレートと相まって、とても豊かなホワイトチョコレートになっていますね。

ホワイトチョコレート特有のくどさは全く無く、こちらも食べやすいホワイトチョコレートだと感じました。

ただこちらもネット注文は出来ませんので、店舗に行くしか入手方法はありません(T_T)

カカオ研究所のタブレットのまとめ

今回は店舗でしか手に入れることができないタブレットをご紹介させていただきましたが、カカオ豆にこだわりまくっている九州初のビーントゥバーというのは伊達ではありませんね。

まだまだ気になるタブレットがたくさんあったので、全部チェックしないと~♪またお邪魔させていただきていろいろ物色したいと思います。

皆様も九州へお越しの際は是非カカオ研究所に遊びに行ってみてくださいm(_ _)m ここまでお読み頂き誠にありがとうございました。

 

カカオ研究所詳しくはコチラ

←美味しそうだと思ったらクリックしてください!

 

-カカオ研究所, カ行
-

Translate »

Copyright© チョコマニア~人気チョコレートブログ~ , 2019 All Rights Reserved.