グリーンビーントゥバーチョコレート

green bean to bar CHOCOLATE カ行 サロン・デュ・ショコラ

green bean to bar CHOCOLATE 2020年新作ボンボンショコラをチェック!

もぐもぐ。ソラジロウです。

今年は新型肺炎の影響で、2020年サロン・デュ・ショコラもどうなるか心配しましたが、無事に終わってなによりです。

チョコレートの主要イベントも殆ど終了しましたが、そんな中ソラジロウはどうしていたかというと、時間の合間を縫って駆けつけたサロン・デュ・ショコラ福岡で何とか入手したチョコレートを食べる暇もなく仕事に追われる日々で、賞味期限が迫る中、気になりながら仕事をしておりました。やっとこれから食べられます(T_T)まずはグリーンビーントゥバーチョコレート新作ボンボンショコラからチェックしていきましょう。

 

グリーンビーントゥバーチョコレート新作ボンボンショコラをチェック!

グリーンビーントゥバーチョコレート

今回、サロン・デュ・ショコラ福岡で手に入れたグリーンビーントゥバーチョコレートのボンボンショコラは2つです。

黄色に箱がボンボンショコラで、白の箱が生チョコになります。

箱に梅の花があしらわれていて本当にセンスありますよね~日本のブランドって感じでとてもいいと思います♪

詳しくはコチラ

バレンタインデー限定ボンボンショコラ

グリーンビーントゥバーチョコレート バレンタインデー限定ボンボンショコラ

まずはこのバレンタインデー限定ボンボンショコラからチェックしていきましょう。

今回手に入れたボンボンショコラは4つ入りで、前回定評があったボンボンショコラも入っているとのこと。

コレが本当に美味しいので、また食べたかったんですよね~

グリーンビーントゥバーチョコレート ボンボンショコラ

箱を開けてみるとこんな感じです。

前回購入したグリーンビーントゥバーチョコレートのボンボンショコラもとても個性的なフレーバーばかりでしたが、今回も負けず劣らず興味が惹かれるものばかりですね。どれからチェックしようかな♪

MATCHA

グリーンビーントゥバーチョコレート 抹茶ボンボンショコラ

まずはこれから行ってみましょう!抹茶のボンボンショコラです。

グリーンビーントゥバーチョコレートならではの、甘酸っぱいカカオの香りが広がってきて他のブランドとは一線を画するボンボンショコラです。

グリーンビーントゥバーチョコレート 抹茶ボンボンショコラ

割ってみた感じ、中は普通のガナッシュのようにも見えます。抹茶が乗っているのは上部だけのようですね。

ですが食べてみるとほんのり抹茶の風味がするのですが、甘酸っぱいカカオの香りを邪魔せず、控え目に口の中に広がります。

甘さはかなり控えめで、苦味も心地よくて、ミルクの風味もかなり抑えられているんだけど、後味はほんのり抹茶風味。

さすがグリーンビーントゥバーチョコレートですね~

MILK

グリーンビーントゥバーチョコレート ミルクボンボンショコラ

次はミルクボンボンショコラを試してみましょう。

ミルクとあえて名付けてあるということは、ただのミルクチョコレートということではないようです。

グリーンビーントゥバーチョコレート ミルクボンボンショコラ

食べてみると、ちょっとびっくりするのですが、めちゃくちゃ滑らかな舌触りで、感覚的にひんやりとしたガナッシュを食べているようです。

それでいてミルクが上品で、カカオを邪魔することなくしっかり共存しております。中にはミルクが主張強すぎるチョコレートもあるのですが、これはそんなことはなく一口で食べてしまうのがもったいないくらいレベルが高いボンボンショコラです。

YUZU

グリーンビーントゥバーチョコレート 柚子ボンボンショコラ

次は柚子のボンボンショコラを試してみましょう。

見た目から可愛いボンボンショコラですが、食べる前の香りはそこまで柚子の風味がないようにも感じます。

抹茶のようにほんのり柚子風味という感じのボンボンショコラなんでしょうか?

グリーンビーントゥバーチョコレート 柚子ボンボンショコラ

これも食べてびっくりですが、かなり柚子の風味が強いですね~

ほんのりというよりも柚子のフレッシュな風味と酸味を全面に感じます。

このボンボンショコラだけは、カカオの香り後ろあって、柚子チョコというよりも、柚子ジュースをそのままチョコレートにしたような印象さえ受けます。

でも食べ終わるとあっという間に柚子が消えて口の中がさっぱりしますね。

ALMOND

グリーンビーントゥバーチョコレート アーモンドボンボンショコラ

最後はアーモンドのボンボンショコラです。

手に取った瞬間に感じ取れるアーモンドの香ばしい風味は食べる前からしっかり感じ取れるくらい強いですね。

カカオの香ばしさとアーモンドの香ばしさがたまりません!!!

グリーンビーントゥバーチョコレート アーモンドボンボンショコラ

これもすごくいいです♪

アーモンドのサクサク感も心地よいのですが、アーモンドを長時間煎った感じでカカオの苦味だけではなく焦がしたアーモンドの苦味も感じ取れます。

アーモンドチョコレートと思って食べると面食らう感じです。大人のボンボンショコラという感じで、苦味とビター感と香ばしさを楽しむためのボンボンショコラですね。

グリーンビーントゥバーチョコレートの生チョコセット

グリーンビーントゥバーチョコレート 生チョコ

次はグリーンビーントゥバーチョコレートの生チョコ4個セットです。

思い返してみればグリーンビーントゥバーチョコレートで生チョコを食べたことがあまりないので、これはかなり貴重ですね。

箱も素敵なので、大切な方へのプレゼントとしては最適だと思います。

グリーンビーントゥバーチョコレート 生チョコ

箱を開けてみると、カカオの種類ごとに分けられていて、どれも気になる名前ばかりです。

貴重なカカオを取り扱うグリーンビーントゥバーチョコレートならではの生チョコですね。どれから食べようか迷ってしまいますw

グリーンビーントゥバーチョコレート 生チョコ断面

せっかく貴重なカカオを使った生チョコなので断面の色の違いがどのくらいあるのか比較してみました。

コスタリカ産カカオを使った生チョコが一番濃いチョコ色をしておりますね。風味もかなり強めなので、コレは楽しみです♪

MARANON

グリーンビーントゥバーチョコレート 生チョコ マラニョン

1つ目はマラニョンから試してみましょう。

ペルー産カカオですが、アマゾン川上流部にある秘境のような場所で取れる貴重なカカオです。

ゆっくり下の上で溶かしながら味わってみると、生チョコとは思えない芳醇で豊かな香りが口いっぱいに広がります。

とてもフルーティーでワインのような花の香のような風味も感じ取れるのですが、とても淡くす~っと消えてしまうので、あとに残るのはミルクの優しい風味だけです。

ものすごく上品ですが、襟を正して食べるべき生チョコですね。

CHUAO

グリーンビーントゥバーチョコレート 生チョコ チュアオ

次はこれも貴重なチュアオを使った生チョコです。

グリーンビーントゥバーチョコレートと言えば、チュアオというくらいソラジロウの中では定番となったカカオですね。

タブレットでもチュアオは何度も試しましたが、生チョコにすると、チュアオの風味が際立ちますね。

チュアオ独特のフルーティーで赤ワインのような渋みと酸味、カカオが南国のフルーツだと再認識出来るような、果実味も素晴らしいです。

MADAGASCAR

グリーンビーントゥバーチョコレート 生チョコ マダガスカル

三番目はマダガスカル産カカオの生チョコです。

今まで食べた生チョコの中で断トツに美味しいので、こんなことならもっと購入しておけば良かったと後悔しております^^;

マダガスカル産生チョコは4つの中で一番チョコレート色が淡い感じがしますね。

食べてみると、これもかなり変わった風味のカカオです。食べた瞬間はシナモンのような風味を感じるのですが、すぐに消えてしっかりとした甘みと酸味を感じられます。

ブルーチーズを食べたときのような発酵臭と酸味もほんのり感じます。それでいてミルク感も強めなので、それらの香りが複雑に絡まり合って濃厚な生チョコになっていますね。

COSTA RICA

グリーンビーントゥバーチョコレート 生チョコ コスタリカ

最後はコスタリカ産カカオを使った生チョコで締めくくりましょう。コスタとリカって分けるんですね~勉強会になりますm(_ _)m

これが一番のダークホースという感じで、一番チョコ色が濃いので、どんな味わいなのか楽しみです♪

食べてみると燻製のような風味を感じますね~これは好き嫌いが分かれそうな風味です。

樹木のようなスモーキーな生チョコという感じで酸味はそこまで強くはありません。

焙煎が特殊なのか、元々こういったカカオなのか気になるところですが、甘みと酸味もバランスが良くこれもレベルの高い完全マニア向けの生チョコという感じですw

まとめ

全部興味深く美味しく記憶に残る味ばかりでした。

グリーンビーントゥバーチョコレートは期待を裏切らないので、これからも購入させていただきます。

ただ残念なのが、このフレーバーは店舗に行っても食べられない限定品ばかり。次回食べられるのは一年後なので、今度のサロン・デュ・ショコラも絶対予定を空けて必ずお伺いします。

皆様も是非グリーンビーントゥバーチョコレートで貴重なカカオを体験してみてくださいね。ここまでお読み頂き誠にありがとうございました。

詳しくはコチラ

 

 

-green bean to bar CHOCOLATE, カ行, サロン・デュ・ショコラ
-

Translate »

© 2020 チョコマニア~人気チョコレートブログ~