チョコマニア~人気チョコレートブログ~

チョコレートが無いと生きていけないソラジロウのチョコブログです。チョコレート検定過去問多数掲載しております。

チョコマニア カカオ研究所 

カカオ研究所 カ行

ガイアの夜明けに登場した「カカオ研究所」新商品2種をご紹介

もぐもぐ。ソラジロウです。

ガイアの夜明けにソラジロウがお世話になっているカカオ研究所が登場し、ちょっとびっくりしております。

昨今の高級チョコレートブームもあってか、ビーン・トゥ・バーの店舗は増えるばかり。そんな中、九州初のブランドとしてカカオ研究所が取り上げられました。

今回は番組の中でも紹介されていた新商品2種をご紹介したいと思います。

カカオ研究所新商品 カカオ100%タブレットとカカオモレ

チョコマニア カカオ研究所 

左:カカオモレ(1500円税抜)
右:カカオ100%タブレット(1,500円税抜)

カカオ研究所はコチラ

ソラジロウがお世話になっているカカオ研究所には、たくさんのカカオ関連商品があって、行くたびに発見があるのですが、その中でもこの2つの商品は番組でも取り上げられたこともあって、たくさんの方が購入されておりました。

早速、新商品2種をチェックしていくのですが、今回は「旨辛万能ソース」の文字が見えますね~チョコレートなのにソース・・・気になります^^;

カカオの苦さがやみつき!カカオモレ

カカオ研究所 カカオモレ

まずはこの瓶に入ったカカオモレからチェックしてみましょう。

チョコマニアも色々なチョコレートを食べてきましたが、旨辛万能ソースは初めての経験です。

カカオモレ 原材料

まずは原材料ですが、しっかりカカオマスと記載されているので、本当にカカオが入ったソースなんですね~

にんにくやシナモン、ローブなどの香辛料、ハーブも入っておりますし、カカオフルーツジュースなんて文字も見えます。

これは相当複雑な味わいのソースって感じがプンプンしますね♪

カカオモレってどんな味わい?

カカオモレ 中身

蓋を開けてみるとこんな感じ。

もっとトロっとしたソースと思っていましたが、何だかカレー粉のようにちょっと固めな表面です。

香りはタコスのチリソースって感じで、カカオの香りは特に感じません。

カカオ研究所 カカオモレ

スプーンで掬ってみましたが、やっぱり調味料という感じで、あまり美味しそうには見えませんね。

でも香辛料の香りが何だか魅惑的な印象で、日本では味わえない香りと刺激で食欲が湧いてきそう・・・イケないとはわかっているけどこのまま食べたらどうなるのかな?w

勇気を出して一口・・・・・・パクリ

 

・・・・・・じんわり辛くて、苦さとほのかな酸味が口の中に広がります。

辛口のカレーにビターチョコレートを入れたような感じといえばいいのか・・・・・

でもカレーではなく、やっぱりタコスにビターチョコレートを混ぜたような味わいというのが正解かも。

カカオが入っているからと言って、甘さはなく、苦さと辛味のバランスが丁度いいですね~これがモレソースってやつなんですね~

カカオ研究所 カカオモレ

カカオ研究所の方が言うには、チキンソテーのソースでも美味しいし、ホカホカのご飯に上に乗せても美味しいとのこと

そしたらホカホカのご飯にまずは乗せたくなってしまいますよね~!!

ということで塩むすびの上に乗せてみました。ホカホカのご飯の予熱でほんのり溶けたカカオモレがいい感じです♪

 

食べてみると、やっぱり日本料理では絶対に感じることがない苦さと辛味と旨味で、ご飯の熱でカカオモレが溶けて、より香りが強くなり食欲が無いときでも食べられそうな一品となっております。

これなら野菜炒めに入れても美味しいと思いますし、カカオが入っていると言われなければ、美味しいチリソースのようにも感じるので、どんな料理でも合いそう。ソラジロウ的にはアリ!!な商品ですね~

食べやすくなった100%カカオタブレット

カカオ研究所 100%カカオタブレット

次は100%ベトナム産カカオを使ったタブレットを食べてみます。

100%というと、ただただ苦くてとても素人には口にできないチョコレートと思うかもしれませんが、このカカオ研究所のタブレットはちょっと違います。

カカオ研究所 100%カカオタブレット

袋を開けてみるとこんな感じ

今までのカカオ研究所のタブレットはビニール袋に入っていて、ソラジロウ的には気に入らないポイントの一つだったのですが、やっとこの形になってくれたんですね~

こっちのほうが食べやすいですし、何より容量が増えているので、ちょっとお得に感じますw

カカオ研究所 100%カカオタブレット

タブレットのデザインはこのようになっております。

上部に「cacaoken」と入っていて、センスあるデザインになっていますね~

タブレットの香りはかなり強くて、ベトナム産カカオ特有のフルーティーな酸味と果実香のような甘い香りも感じ取れます。

でも肝心なのは味です!!

番組の中では今までのタブレットでは表せなかった苦さを抑えた食べやすい100%カカオタブレットと言っていました。

本当に食べやすくなっているのでしょうか?

カカオ研究所 100%カカオタブレット

それでは早速パクリ♪

・・・・・ふむふむ。確かに今までの100%カカオを使ったタブレットとは違いますね~

まず苦さが口の中全体に広がるのですが、舌の上に広がる感覚はなく、舌の付け根あたりにゆるく広がるような印象を受けます。

口の中全体が苦さで覆われるような感じではなく、かなり苦さを抑えて旨味を強調させた感じです。

カカオ研究所 100%カカオタブレット

質感は滑らかですね~硬さはもちろんパキッと音がするくらい硬いのですが、口の中に入れると、滑らかに溶ける感覚が素晴らしいです。

酸味も上品ですね~苦さと酸味のバランスが丁度いいので、これなら口の中で転がしながら味わうのに適していると思います。

旨味をゆっくり感じられる100%カカオタブレットは中々ないので、これはマリアージュするのに面白いタブレットになりそうです。

まとめ

カカオ研究所新商品2種をチェックしてみましたが、いかがだったでしょうか?

カカオモレは今まで試したことがない複雑な味わいで、ちょっと癖になる香りと苦味です。タブレットも相当食べやすくなっていると思いますので、お酒と一緒にマリアージュするのに適していると思います。

ネット通販もしているようなので、気になった方は是非試してみてくださいね。ここまでお読み頂き誠にありがとうございました。

 

通販サイトはコチラ

-カカオ研究所, カ行
-

Translate »

Copyright© チョコマニア~人気チョコレートブログ~ , 2020 All Rights Reserved.