ピエール・マルコリーニ ボンボンショコラ

サロン・デュ・ショコラ ハ行 ピエール・マルコリーニ

【サロン・デュ・ショコラ2019】ピエール・マルコリーニの芸術的なバレンタインボンボンショコラ6個入りをチェック!

更新日:

←美味しそうだと思ったらクリックしてください!

 

もぐもぐ。ソラジロウです。

毎日のようにチョコレートを食べているソラジロウですが、サロン・デュ・ショコラ2019で手に入れたチョコレートが美味しくて美味しくて止まりません~!!

食べすぎないように注意しながら食べ進んでおりますが、こんなに美味しいならもっと買っておけばよかった(T_T)と悔やんでいるものもたくさんあります。

そのうちの一つであるピエール・マルコリーニのボンボンショコラを今回はご紹介させていただきます。本当に美しいチョコレートなので一緒にチェックしてみましょう。

▼ピエール・マルコリーニはこちらから▼

バレンタイン限定 ピエール・マルコリーニのボンボンショコラをチェック!

1994年にベルギーで創業したピエール・マルコリーニですが、なんと言っても最大の特徴はカカオへの徹底したこだわりではないかと思います。

通常のショコラティエであればクーベルチュールメーカーの作られたチョコレートを仕入れて味付け、香り付けなどのオリジナリティーを加えて使用するところを、ピエール・マルコリーニでは自らの足でカカオ農場を周り、カカオ豆を自らのアトリエに運んで選別、焙煎、磨砕などのすべての工程を自分の手で行うほどで、その厳選されたカカオから生み出されるチョコレートは「ブリュッセルの宝物」と言われるまでに磨き上げられております。

チョコレートだけではなく、スイーツ全般が楽しめるピエール・マルコリーニですが、そんな奇跡とも言うべきチョコレートを使ったボンボンショコラを今回購入させていただきました。

それがこちらになります~!!

ピエール・マルコリーニ

ミツバチがイラストされているとてもシンプルでセンスのあるパッケージですね。

何故、ミツバチかというと2019年のピエール・マルコリーニのバレンタインチョコレートのテーマなんだそうで、小さなハチは幸運のモチーフ

ロゴマークを小さなハチにするすることで新しい一歩を踏み出す決意を表しているんだそうです。

有名になっても決して前進を止めないピエール・マルコリーニは本当に尊敬しますね。

チョコマニア ピエール・マルコリーニ

原材料をチェックしてみましょう。

カカオにこだわりまくるピエール・マルコリーニですから、材料もさぞかしこだわっているんでしょうね~

見たところ余計な材料的なものもありませんし、ところどころ果実酢という文字が見えております。

できるだけ自然のものを使用するような感じに見受けられるのですが、読者様はどう思いましたか?

チョコマニア ピエール・マルコリーニ

サロン・デュ・ショコラで購入した殆どのチョコレートは栄養成分表示が無かったように思えますが、このチョコレートはしっかりカロリーまで表記されており親切ですね。

ちなみにカロリーは507kcal/100gということなので、ちょっと高めですね。

ただこのチョコレートの総重量がいくつなのか表記されていないので、気になるところです^^;

ピエール・マルコリーニ バレンタイン限定ボンボンショコラの中身は?

さて気になる芸術的なボンボンショコラをチェックしてみましょう。

箱の中身がこちらになります~!!

ピエール・マルコリーニ ボンボンショコラ

おっ~!!!

う、美しい~!!!

きれいなボンボンショコラが入っておりますね~♪

今回購入させて頂きましたボンボンショコラは6個入りなのですが、最大16個入りまで用意されているので予算に合わせて購入することが可能です。

こちらのボンボンショコラはオンラインショップでも購入することが出来るので、気になった方は是非チェックしてみてください。

▼ピエール・マルコリーニ オンラインショップはこちら▼

アニモキャラメル

ピエール・マルコリーニ アニモキャラメル

まずはこのよくわからない形をしたチョコレートから頂いてみましょうw

ペンギン?水瓶?見ただけではよくわかりません。もしかしたら空想上の生物かもw

調べてみると「キュートなアヒル型のミルクチョコレート」とのこと

う~む。そう言われてみるとアヒルのくちばしのような・・・そうでもないような・・・芸術はわかりませんねw

ピエール・マルコリーニ アニモキャラメル

まず驚いたのがカカオの香りです。

ものすごくさやわかでカカオの焙煎した香りがしっかり感じられます。

こんなに小さいのにこんなにカカオの香りを感じるボンボンショコラはちょっと他にないかも。

それとこの小さなチョコレートシェルの中に、「フルールドセル(塩の花)」とキャラメルソースを入れる技術にも驚かされます。

この塩キャラメルソースが美味しいっ!!ウマすぎだ!

ピエール マルコリーニ グラン クリュ

ピエール マルコリーニ グラン クリュ

次はピエール・マルコリーニのロゴがプリントされたボンボンショコラです。

ロゴがプリントされているということは、これがこだわりまくったカカオを使ったボンボンショコラということなんでしょうか?

先程のアニモキャラメルも衝撃的だったので、いい意味で期待を裏切ってもらいたいですね。

ピエール マルコリーニ グラン クリュ

いいカカオの香りにうっとりする~(*_*)

これは一言で言うとヤバイ

まず焙煎したカカオの香りですが、ちょっと酸味を感じるような複雑な香りがします。

おそらくいくつかのカカオを独自にブレンドして作られていると思いますが、一言で言い表せない感じです。

味わいもかなり複雑です。

苦すぎない絶妙のラインはここだよ~とわざと教えてくれているような感じで、味わいそのものも芳醇。ものすごく繊細なボンボンショコラという感じです。

甘さはかなり弱めですが、純粋にカカオを楽しむだけのボンボンショコラという感じで、完全にチョコマニア向けですね。

フルーツ&フラワー ヴァーベナ ストロベリー

フルーツ&フラワー ヴァーベナ ストロベリー

次はこのフルーツ&フラワー ヴァーベナ ストロベリーという新作を頂いてみましょう。

プリントされている植物は何かの果実でしょうか?

カタログを見てみると、プリントされている柄が違うようなんですよね。

でもサロン・デュ・ショコラ限定とは書いてなかったと思うのですが、真相は闇の中です。

ただこのボンボンショコラも香りだけ取ってみても只者ではないことはすぐわかります。

ビターチョコレートの素晴らしい香りを漂わせているので、中身がどうなっているのか気になるところです。

フルーツ&フラワー ヴァーベナ ストロベリー

周りのシェルチョコレートが薄すぎてうまく割ることが出来ませんでした(T_T)

でも驚嘆すべきことはこの中に入っているクリームの量が半端ないことです。

通常こんなにクリームって入れられるのでしょうか?ものすごい技術の高さを感じます。

味わいは、結構変わっております。

最初ジンジャーのような風味を感じたのですが、す~っと引いて奥深い甘さをじんわり感じるソースをたっぷり楽しむことが出来ます。

ただ名前にあったストロベリーやフラワーを感じることが出来なかったので、もしかするとカタログには載っていない限定チョコレートだったのかも。

情報持っている方がいたら是非教えてくださいね。

クール フランボワーズ

クール フランボワーズ

ハートの形なのにクール フランボワーズという名前

何かとても深い意味が隠されているような感じがしますねw

今度は公式ページ通りのボンボンショコラなので間違いはないようです。

クールなフランボワーズの味わいを楽しむとしましょう♪

クール フランボワーズ

香りはフランボワーズの香りをしっかり楽しむことが出来ますが、それ以外のベリー系の酸味も感じられますね。

原材料にあった苺のピューレや果実酒がもしかしたらさやわかで奥深い酸味を演出しているのかも。

このボンボンショコラもかなり計算された味の構造になっているので、人気がでるのもうなずけます。

テ レ

ピエール・マルコリーニ テ レ

プリントされている文字を見るとアールグレイと記載されておりますが、名前はテレなんですね。

このテレはどういう意味なのかな??

見た目はミルクチョコレートのボンボンショコラで、香りもミルクチョコレート。アールグレイは中に入っているのかな?

ピエール・マルコリーニ テ レ

食べてみるとアールグレイは感じられるのですが、そこまでアールグレイの香りは強くないです。

むしろミルクチョコレートの香り付け程度にアールグレイが感じられるのですが、これもものすごく繊細ですね。

ミルクチョコレートもかなり繊細な感じですね。クドくないのでソラジロウはとても大好きです♪

エスカルゴ

ピエール・マルコリーニ エスカルゴ

最後の締めはエスカルゴにしましょう。

ものすごくリアルなエスカルゴで、色合いも何だか化石のようw

何だかどんな中身なのか外見からは想像できません。どんなフレーバーかな?

ピエール・マルコリーニ エスカルゴ

ホワイトチョコレートの中に、キャラメルソースがたっぷり入っていてこれは美味い!

ホワイトチョコレートもクドくなくてとても滑らかで、ホワイトチョコレートが苦手な方でも絶対に美味い!というと思います。

 

ピエール・マルコリーニ ボンボンショコラの評価とまとめ

ピエール・マルコリーニのボンボンショコラ本当に美味しかったです。

食べてみた感想はものすごく計算された繊細なショコラというイメージで、大変勉強になりました。

王道を更に洗練させた感じのショコラはこれからどんなショコラを生み出すのか本当に楽しみです。

また新しいチョコレートを見つけたら購入させていただきます。ここまでお読み頂き誠にありがとうございました。

▼ピエール・マルコリーニはこちらから▼

 

←美味しそうだと思ったらクリックしてください!

 

-サロン・デュ・ショコラ, ハ行, ピエール・マルコリーニ
-

Translate »

Copyright© チョコマニア~人気チョコレートブログ~ , 2019 All Rights Reserved.