パティスリーサダハルアオキパリ ボンボンショコラ

サロン・デュ・ショコラ ハ行 パティスリーサダハルアオキパリ

【サロン・デュ・ショコラ2019】パティスリーサダハルアオキパリのモダンなショコラ「コフレ ドゥ テ」をチェック!

更新日:

←美味しそうだと思ったらクリックしてください!

 

もぐもぐ。ソラジロウです。

2月14日はバレンタイデー!いよいよこの日が来ましたね~

一年に一回だけのチョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ」もこの日に終了するのですが、各地方の会場も今頃、チョコレートを買う方たちで混雑していることでしょう。

ソラジロウも今年は同じ会場に三回も足を運んでしまい、そのたびに新しい発見をしてきました。

販売スタッフにも顔を覚えられる始末で、ちょっと恥ずかしかったのですが、そんな中、一番最初に手に入れたチョコレートが「パティスリーサダハルアオキパリ」だったのです。

今回は見た目的にも美しいパティスリーサダハルアオキパリのボンボンショコラをチェックしていきましょう。

 

パティスリー サダハルアオキ パリのボンボンショコラをチェック!

パティスリーサダハルアオキパリですが、最近では有名デパートでも見かける超有名店です。

フランスやスイスで8年間の修行を積んだパティシエ青木定治氏が、1998年にパリにアトリエを開設し、チョコレートを取り扱い始めます。

2001年にパリでオープンしたパティスリーサダハルアオキパリは、抹茶や日本の素材を積極的にチョコレートに取り入れ、フランスで人気を博しているブランドの一つになりました。

現在ではルレ・デセール会員でもありますし、C.C.Cでは殿堂入りを意味する「欠かすことの出来ないショコラティエ賞」を連続受賞している輝かしい功績を持っている重鎮です。

チョコマニアなら誰でも知っているあ青木定治氏ですが、そのチョコレートはとてもモダンで美しいものが多く、いつもチョコマニアを魅了し続けております。

そんなパティスリーサダハルアオキパリの今回購入したボンボンショコラがこちらになります!

パティスリーサダハルアオキパリ ボンボンショコラ

ものすごくシンプル~!!

白い箱に文字が書いてあるだけなんて、潔いですね。

でもこのセンスはなかなか出来るものではありませんので、ソラジロウも参考になります。

ちなみにこのボンボンショコラの名前は「コフレ ドゥ テ」という名前でサロン・デュ・ショコラ限定のオリジナルフレーバーなんです。

▼パティスリーサダハルアオキパリはこちらから▼

原材料チェック

パティスリーサダハルアオキパリ コフレドゥテ

コフレ ドゥ テはフランス語で直訳するとお茶セットというところでしょうか。

見たところ原材料にも紅茶が記されているので、紅茶のフレーバーを纏ったボンボンショコラという感じだと思います。

でも珍しいのがミルクチョコレートとブラックチョコレートとしっかり分けて記載されている点です。

普通はカカオマスと記載されていたりするものですが、何か意味があって2つ記載しているんでしょうね。食べてみればわかるのかな?

パティスリーサダハルアオキパリ「コフレ ドゥ テ」の中身は?

さてサロン・デュ・ショコラ2019限定ショコラですから大切に食べていきましょう!

まずは購入したショコラの中身をチェック~!!それがこちらになります!

パティスリーサダハルアオキパリ ボンボンショコラ

すごくモダンなデザインですね~

ショコラの表面にパティスリーサダハルアオキパリの文字がプリントされております。

でもそれよりも凄いのが、箱を開けた瞬間のカカオの香りがものすごくいい香りで、ビターなチョコレートの芳香がたまりません!

まずは左から1つずつチェックしていきましょう。

テ アールグレイ

パティスリーサダハルアオキパリ テアールグレイ

字から見てアールグレイのボンボンショコラですね。

ビターチョコレートを使っているところまでは分かりますが、ただのボンボンショコラなら意味がありません。

いい意味で期待を裏切ってもらいたいところです♪

パティスリーサダハルアオキパリ コフレドゥテ テアールグレイ

アールグレイの香りは食べている途中で少しづつ感じ取れます。

ただ思ったよりもアールグレイの香りは強くないので、食べやすいのですが、それよりもビターチョコレートのガナッシュの滑らかさはすごいですね~

甘さは控えめですが、苦さもちょうどいいのでガナッシュの美味しさが際立ちます。

テ セイロン シトロネル

パティスリーサダハルアオキパリ コフレドゥテ テセイロンシトロネル

次はセイロン紅茶のボンボンショコラですね。

サロン・デュ・ショコラで限定販売されていたショコラは2種類あり、お茶シリーズに惹かれてこっちにしたのですが、こんなに美味しいなら両方買っておけばよかった(T_T)

次回は絶対両方手に入れることにしましょう。

パティスリーサダハルアオキパリ コフレドゥテ テセイロンシトロネル

アールグレイに比べるとセイロン茶のほうが、発酵臭がちょっとだけあるようで、ほんの少し癖がありますね。

原材料には入っていないのですが、何故か生姜のような風味も感じます。お茶特有の風味なんでしょうが、これが意外と口の中をさっぱりさせて美味しさ倍増させている感じです。

プラリネ オレ

パティスリーサダハルアオキパリ コフレドゥテ プラリネオレ

次はハートの形が可愛いプラリネ オレを試したいと思います。

パティスリーサダハルアオキパリのチョコレートは名前を見れば、何となく分かるので助かりますねw

プラリネの最後にオレが付いているので、ミルク入という意味なのかな?

見た感じミルクチョコレートなので、味の想像はできそうです。でも食べるまでわからないのがチョコレートの奥深さなんですよね~

パティスリーサダハルアオキパリ コフレドゥテ プラリネオレ

ハートを真っ二つに割る時って何だかいけないことをしている感じがしません?w

でもソラジロウは気にしない~♪

食べてみると、自家製プラリネだけあってサクサクなんですが、粒子がかなり細かいので口の中に残るものは何もありません。

それにプラリネオレだけあって、とてもミルク感が強いのがよくわかります。

ものすごいマイルドで、まるでポタージュをショコラにしたような濃厚さです。これは美味い!

テ ポム キャラメル

パティスリーサダハルアオキパリ コフレドゥテ テポムキャラメル

次はこのテ ポム キャラメルを食べてみましょう。

全部のショコラにお茶のフレーバーが入っているわけではないんですね~

でもこれはポムと記載されているので、りんごが入っている様子

ということはアップルティーになっているのかな?

パティスリーサダハルアオキパリ コフレドゥテ テポムキャラメル

りんごの香りとキャラメルの甘さ、それにバニラの香りが合わさったボンボンショコラです。

カカオの苦さがあるので、アップルティーに似ているところもありますが、バニラの香りがあるのでアップルティーにはなれていませんねw

でもこれはこれで美味しいので、レベルが高いボンボンショコラになっております。

テ フレーズ デ ポワ

パティスリーサダハルアオキパリ コフレドゥテ テフレーズデポワ

半周まで来てしまいました。

今度はテ フレーズ デ ポワを試したいと思います。

こちらは野いちごの香りをつけたボンボンショコラとなっており、お茶のフレーバーは入っていないようです。

このあたりで酸味が効いた果実のショコラが食べたかったので、ソラジロウの気持ちを分かっていますね~♪

パティスリーサダハルアオキパリ コフレドゥテ テフレーズデポワ

割った瞬間の香りには野いちごは感じませんが、口の中で味わってみるとよくわかります。

カカオ自体の渋みもあるので、イチゴのお茶を飲んでいる感覚になりますが、甘ったるくは全くありませんので、大人のショコラという感じですね。

プラリネピスターシュ

パティスリーサダハルアオキパリ コフレドゥテ プラリネピスターシュ

次はハートの形でも、ちょっと緑がかったプラリネピスターシュを食べてみましょう。

先程食べたハートの形のプラリネオレにも使われておりましたが、自家製プラリネが美味しかったので、違ったバージョンで食べられるのは幸せですね~

パティスリーサダハルアオキパリ コフレドゥテ プラリネピスターシュ

味わってみるとピスタチオの味わいとプラリネの美味しさが合体して、濃厚なショコラとなっております。

ピスタチオ以外のナッツもしっかり感じられるので、味わいもかなり複雑で甘さも濃厚。本当に美味しいですね~

でもクドくない甘さなので、これがもう一つあったら良かったのに^^;

テ ダージリン

パティスリーサダハルアオキパリ コフレドゥテ テダージリン

ここでお茶のフレーバーに戻ってくるんですね。

今度はダージリンティーですが、割る前に香りを確かめてみてもダージリンティーの香りは全く感じられません。

おそらくガナッシュを包んでいるチョコレートのシェルには全くお茶のフレーバーは含まれていないんですね。

でもこのあたりの心遣いはチョコマニアにとって嬉しいですね~

パティスリーサダハルアオキパリ コフレドゥテ テダージリン

空気を含ませながら食べると、ダージリンティーの香りがしっかり感じられます。

カカオの渋みと紅茶の渋みの両方を感じられるのですが、不快な渋みではありませんので、全く気になりません。

むしろ渋さを感じるギリギリのラインを攻めている感じがしますので、かなり計算されたショコラだと思います。

テ ドゥース フランス

パティスリーサダハルアオキパリ コフレドゥテ テドゥースフランス

最後にこのテ ドゥース フランスを試して終わりにしたいと思います。

ショコラにフランスの文字が入っているなんて、さぞかし美味しいショコラなんでしょうね。

ちなみにドゥースは「甘い」とか「心地よい」という意味らしいので、美味しいフランスって意味であっているかな?w

パティスリーサダハルアオキパリ コフレドゥテ テドゥースフランス

食べた瞬間に鼻に抜ける香りがあるのですが、フルーツ系の香りでアプリコットですね。

その後にリンゴや桃などの香りも感じられます。

このボンボンショコラには柑橘系のマンダリンオレンジを加えているとのことですが、そこまで柑橘系の香りを感じることは出来ませんでした。

どちらかというと桃やアプリコットの風味のほうが強いので、どういう効果があるのかソラジロウには分かりません。

でもさやわかで美味しいボンボンショコラでした。

 

パティスリーサダハルアオキパリ サロン・デュ・ショコラ限定ショコラのまとめ

パティスリーサダハルアオキパリのショコラは繊細で、甘さもさっぱりしているものが多いように感じました。

限定フレーバーがお茶シリーズだったので、そう感じただけかもしれませんが、ソラジロウ的にはもっとお茶の風味が強いほうが、力強いカカオと合わせた時にもっと美味しいと感じました。

でも限定フレーバーを食べられるのは来年まで待たないといけませんので、今回は大変貴重な体験をさせていただきました。また新しいショコラが出てきましたらご報告させていただきます。

ここまでお読み頂き誠にありがとうございました。

▼パティスリーサダハルアオキパリはこちらから▼

←美味しそうだと思ったらクリックしてください!

 

-サロン・デュ・ショコラ, ハ行, パティスリーサダハルアオキパリ
-

Translate »

Copyright© チョコマニア~人気チョコレートブログ~ , 2019 All Rights Reserved.